大学院工学研究科
改組情報

マテリアル理工学専攻

メイン 本専攻は、材料工学分野、応用物理学分野、量子エネルギー工学分野からなります。

 人類の文明を支えている科学と技術を有機的に融合させて、新しい原理の発見、新しい材料、エネルギー計測技術の開発へと発展させることが強く望まれています。本専攻では、明日の材料、物理、エネルギーを切り拓くことを目指して、「先端材料」、「新機能物質の新しい性質や現象」、「自然や生物の情報」、「量子エネルギーのシステム化と高度利用」などの広範囲な工学と理学的分野をカバーし、時代の先端を行く工学のあらゆる分野で役に立つ知識と能力を身につけることが可能です。また複合専攻や研究所、センターとも連携して、教育・研究をすすめています。

履修コース

材料工学分野

 材料工学分野では、様々な機能と性質をもつ材料とそれをシステムに取り入れる技術の開発を目指しています。

詳細ページへ
分野画像

応用物理学分野

 応用物理学は、物理を基盤として基礎から応用までの広い学問領域をカバーして います。研究の対象は、金属、半導体、超伝導体などの固い物から、高分子、有機材料、生体物質、流体などのいわゆる柔らかい物まで多岐にわたります。科学の進歩を、持続可能な社会を実現するための技術に高めていくインターフェースの役割を応用物理学は果たしています。

詳細ページへ
分野画像

量子エネルギー工学分野

 「量子科学」「エネルギー科学」「原子力学」の三つの柱を中核とし、エネルギー・環境・材料という幅広い分野を横断的に包含する、先駆的、先導的総合工学の確立を目指しています。

詳細ページへ
分野画像
ページの先頭へ
お問い合わせ   サイトマップ   名古屋大学トップへ
名古屋大学 工学部・工学研究科
〒464-8603 名古屋市千種区不老町
Copyright © 2012 Nagoya University. All rights reserved.
このホームページは名古屋大学 工学部・大学院工学研究科が管理しています。