学部受験生の方へ

  • ご挨拶

    名古屋大学
    工学部長・工学研究科長

    宮﨑誠一

     「工学」は、科学を人や社会に役立つ技術へと展開する総合的な学問分野です。 その対象は広く、化学・生命、物理、材料、電気・電子・情報、機械・航空宇宙、エネルギー、環境土木、建築など多岐にわたっています。 産業革命以降、機械化は大きく進展し、ものづくりはめざましい進展を遂げ、それにともなって人々の生活も大きく様変わりしました。 一方、現在に至るまでに地球環境問題や化石燃料や資源の大量消費と枯渇などの問題もクローズアップされています。 こうした社会背景のもとに、工学の担う範囲は、従来の分野だけでなく、健康・医療・介護や創薬、環境・エネルギーや減災・防災などの領域にも、大きく広がってきています。 また、最近では、人工知能(AI)や、モノのインターネット(IoT)技術の急速な進展・高度化が、人々の生活や社会・産業構造に大変革をもたらそうとしています(第4次産業革命)。 このような情勢の中で、より高いレベルで「工学」を修め、今後も世界のものづくりのリーダーとして皆さんに活躍していただきたいと願っています。 本学で私たちと共に「工学」を学び、直面する課題に果敢に挑戦し、工学分野で「勇気ある知識人」として、人類・社会の将来の発展のために活躍して下さい。

     工学部では、基礎科目を重視し、現在の科学・技術の水準を理解し、創意改善しながら工学を応用する能力のある技術者・研究者の養成を教育目標として掲げています。 そして、専門性と総合性を備えた人材育成をめざし、教育組織とカリキュラムを平成29年4月に再編成し、適切な年次で専門分野が選択できるよう、 基礎教育に関して共通部分の多い分野を統合した7つの学科構成に再編しました。 そして、安全教育、倫理教育、情報セキュリティ教育、知財教育の徹底のための導入教育を充実させるとともに、基礎を重視し、 専門系初期の科目(創成型科目)を充実させた教育カリキュラムに変更し、総合力、創造力、俯瞰力を涵養します。 そのような教育を経て、自分の進みたい専門を考え、卒業研究に着手するため研究室に配属され、研究課題を選定し、より専門的な知識を学んでいきます。 そして、その過程で、知識を活用し、考え、未知の問題への解を導くための方法を見いだし、解を探求する力を身につけていただけると考えています。 そのためには、数学や自然科学だけで無く文系総合科目や文系教養科目などもしっかり履修して、知識を知恵として活かせることを心がけて欲しいと考えています。 名古屋大学では、総合大学として幅広い科目を用意して皆さんの意欲にこたえる環境を整えています。

     名古屋大学では、平成25年度に「研究大学強化促進事業」の支援対象機関に採択され、支援対象となった22機関のうち、トップ4に選ばれています。 また平成26年度には文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」に申請した「21世紀、Sustainableな世界を構築するアジアのハブ大学」にも採択され、 研究力強化および徹底した国際化と大学改革に取り組んでいます。名古屋大学も急速にグローバル化が進んでおり、100カ国以上から2,500名を超える留学生が学んでいます。 英語のみで卒業・修了できるコースや大学院のカリキュラムも英語の講義が用意され、また、海外留学支援プログラムなども用意されています。 このような環境を是非活用して、国内だけにとどまらず、グローバルに活躍できる研究者・技術者を目指してください。

     名古屋大学は門のない開かれたキャンパスが特徴です。緑あふれるキャンパスで、赤﨑先生や天野先生につづくすばらしい研究成果を皆さんと共に世界に向けて発信できることを楽しみにしています。

  • アドミッション・ポリシー

    <入学者受入れの方針>
    自然科学に対する強い興味と、人間や社会に対する幅広い関心をもち、
    工学を学ぶための基礎学力と素養をもった意欲のある人を求めています。

    学部教育の理念

    工学部では、基礎学力・専門知識の教育にとどまらず、社会・文化の発展を見極め、 広く工学の手法を応用できるように、工学全般にわたっての知識修得に留意しています。

    学部の教育目標
    工学を拓くための学力および資質・能力を備え、 科学に対する強い興味をもとに社会に貢献する人の育成

    学部教育・基本方針

    1. 科学的な基礎知識と工学基礎を充実させます。
    2. 人文・社会科学等の関連する学問分野についての幅広い視野を確立させます。
    3. 基礎知識を柔軟に適用する豊かな応用力を養成します。
    4. 将来の創造性につながる基礎学力と技術・研究のあり方に対する基本的な素養を養成します。
    5. 十分な基礎知識を教授した後、多様な専門分野の選択肢を提供し、必要な専門性を養います(Late Specialization)。

    名古屋大学 教育の基本方針(入学者受入の方針、教育課程編成・実施の方針、学位授与の方針)

    四年間一貫教育

    1年次から基礎科目や教養科目と並行して専門の科目を履修することになります。

    上記のように、科目の適正な学年配分が行われ、卒業に必要な単位がバランスよく取得できるようになっています。

  • 令和3年度 工学部 入学試験の概要

    1. 選抜方式・実施期日

      本学では、一般選抜及び推薦入試等により学生を募集します。

      一般選抜

      分離・分割方式(前期日程)により、次のとおり募集します。

      前期日程 後期日程
      試験実施日 令和3年2月25日(木), 26日(金) 実施しない
      学校推薦型選抜

      次のとおり実施します。

      • (過去の学校推薦型選抜データ)

        工学部学校推薦型選抜(推薦入試)志願者・合格者数等一覧です。

        ※ 平成29年度から改組し、5学科から7学科になりました。
        • 学科名 募集人員数 志願者数 第1次選考合格者数 第2次選考合格者数
          化学生命工学科 9 19 16 8
          物理工学科 8 8 8 5
          マテリアル工学科 11 22 19 11
          電気電子情報工学科 11 32 23 11
          機械・航空宇宙工学科 15 46 25 14
          エネルギー理工学科 4 8 7 4
          環境土木・建築学科 8 17 17 8
          合計 66 152 115 61
        • 学科名 募集人員数 志願者数 第1次選考合格者数 第2次選考合格者数
          化学生命工学科 9 25 16 7
          物理工学科 8 13 13 7
          マテリアル工学科 11 27 17 11
          電気電子情報工学科 11 23 22 9
          機械・航空宇宙工学科 15 51 22 11
          エネルギー理工学科 4 16 10 4
          環境土木・建築学科 8 18 17 7
          合計 66 173 117 56
        • 学科名 募集人員数 志願者数 第1次選考合格者数 第2次選考合格者数
          化学生命工学科 9 19 13 9
          物理工学科 8 9 8 5
          マテリアル工学科 11 24 24 11
          電気電子情報工学科 11 33 22 11
          機械・航空宇宙工学科 15 64 28 15
          エネルギー理工学科 4 11 8 4
          環境土木・建築学科 8 27 19 8
          合計 66 187 122 63
        • 学科名 募集人員数 志願者数 第1次選考合格者数 第2次選考合格者数
          化学生命工学科 9 24 19 9
          物理工学科 8 9 9 6
          マテリアル工学科 11 19 19 11
          電気電子情報工学科 11 27 22 11
          機械・航空宇宙工学科 15 58 30 15
          エネルギー理工学科 4 4 4 4
          環境土木・建築学科 8 14 12 6
          合計 66 155 115 62
        • 学科名 募集人員数 志願者数 第1次選考合格者数 第2次選考合格者数
          化学・生物工学科 15 29 29 15
          物理工学科 19 39 39 19
          電気電子・情報工学科 17 41 34 17
          機械・航空工学科 16 53 32 16
          環境土木・建築学科 7 27 20 7
          合計 74 189 154 74
      試験実施日 令和3年2月14日(日) 面接

      上記以外にも、高等専門学校からの編入学制度学士入学制度私費外国人留学生入試制度国際プログラム群学部学生入試制度があります。
      詳しくは下記の募集要項等一覧及び請求方法をご覧ください。

    2. 募集人員

      前期日程 後期日程 学校推薦型選抜 合計
      工学部 614 - 66 680
    3. 入学者選抜方法

      入学者の選抜方法は、一般入試の場合は、大学入試センター試験、個別学力検査、調査書により、推薦入試の場合は、大学入試センター試験、面接、志願書、推薦書、調査書により、総合的に行います。 詳細については、「大学案内・選抜要項・募集要項・インターネット出願」をご覧ください。

    4. 入試に関するお問い合わせ

      「お問い合わせ」をご覧ください。

    募集要項一覧及び請求方法

    一般選抜・学校推薦型選抜 注(1)

    名古屋大学学生募集要項

    学生募集要項・大学案内等の入手方法をご覧ください。

    ※ 工学部案内「工学への道」も合わせてご請求いただけます。
    インターネット出願の導入により、一般入試学生募集要項および入学共通テストを課す学校推薦型選抜学生募集要項については、冊子体での配布は行いません。

    その他(外国人留学生入試)

    外国人留学生

    私費外国人留学生募集要項

    学生募集要項・大学案内等の入手方法をご覧ください。

    英語のみによる授業で学位が取得できる教育プログラム

    国際プログラム群学部学生募集要項

    国際プログラム群学部学生募集案内をご覧ください。

    その他(編入試)

    3年次編入学(高専卒業者対象)

    令和4年度編入学試験(高専卒業者対象)の概要
    令和3年度実施の編入学試験は、下記の通り募集を行います。
    詳細な実施方法については、令和3年3月に公表される募集要項を必ず参照してください。

    ○工学部3年次編入学(高専卒業者対象)
    学科名 募集人員 選抜実施方法
    化学生命工学科 若干名 基礎学力試験(英語 [TOEIC / TOEFLのスコア]、数学・物理・化学 [筆記試験])、面接(口頭試問)及び調査書により行う。
    物理工学科 若干名
    マテリアル工学科 若干名
    電気電子情報工学科 若干名
    機械・航空宇宙工学科 若干名
    エネルギー理工学科 若干名
    環境土木・建築学科 若干名

    【重要】 受験に関する注意事項(必ずご確認ください)

      - 経過観察シート(受験者用)

    【重要】 名古屋大学工学部編入学試験における追試験について(必ずご確認ください)

      - 令和4年度名古屋大学工学部編入学試験追試験受験申請書

    編入学学生募集要項 注(2)

    令和4年度名古屋大学工学部編入学試験の受験を希望する方へ(必ずご確認ください)

    【重要】 新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言等の措置に伴い、募集要項の記載内容に関わらず、入試実施日程や選考方法に変更が生じる可能性があります。 変更がある場合は、こちらのホームページに掲載しますので、常にホームページを確認ください。

    各自所定用紙を以下からダウンロードし出願してください。
    (A4版で印刷のうえ記入してください。)

    ・カラー印刷して使用してください。
    ・返信封筒は長形3号、出願書類送付封筒は角形2号を各自用意してください。

    ※ 工学部紹介冊子「工学への道」の郵送を希望する場合は,郵便番号,受信場所及び氏名を記入し,180円切手を貼った返信用封筒(角形2号,約33cm×24cm)を同封して“「工学への道」請求”と朱書し,請求すること。

    合格者発表はこちらから

    3年次編入学(大学卒業者対象)

    学士入学者選考要項 注(3)

    12月上旬より交付を開始します。あて名を明記し、180円の切手(工学部案内込みの場合は215円)を貼った返信用封筒〔角形2号(約33cm X 24cm)〕を同封し、「学士入学学生募集要項請求」と明記して下記へ申し込んでください。

    上記募集要項の照会先

     〒464-8603 名古屋市千種区不老町 名古屋大学工学部教務課

    注(1) 平成24年度の推薦入試から大学入試センター試験を課す選抜方式に変更したことに伴い、推薦入試の出願書類等をご希望の方には「名古屋大学学生募集要項」を請求していただくことになりました。なお、過去の推薦入試問題についても、選抜方式の変更に伴い、名古屋大学消費生活協同組合(名大生協)での販売を終了しました。ご了承ください。
    注(2) 過去の第3年次編入学(高専)入試問題は基礎学力試験のみ毎年各高専に送付してありますので、所属(出身)高専に問い合わせてください。
    なお、名大生協にても販売していますので、請求方法等詳細は名大生協のホームページをご覧ください。
    ※各学科で実施する専門試験の問題は販売していません。
    注(3) 第3年次学士入学は、理科系学部を卒業した者に対し、欠員がある場合にのみ実施することがあります。 したがって、募集しないことがあります。

    合格者発表はこちらから

    自然災害等により被災した入学志願者に係る検定料の特別措置について(学部入試)

    自然災害等により、被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
    名古屋大学では、自然災害等による経済的負担を軽減し、受験生の進学機会の確保を図るため、入学試験の検定料免除の特別措置を実施いたします。
    なお、詳細は本学ホームページを確認してください。

  • 学生生活

    • ~日常生活編~

      工学部に入ると、まずは全学教育棟で1年間、基礎科目、教養科目を中心に、専門系科目も少しずつ同時に学んでいきます。

      工学部に入ると、まずは全学教育棟で1年間、基礎科目、教養科目を中心に、専門系科目も少しずつ同時に学んでいきます。

      広い名大東山キャンパスには食堂が12ヶ所。1年生にもっともなじみがあるのは南部食堂ですが、カフェでの軽食からラーメン・定食など、おなかと財布の状況に応じて利用できます。

      広い名大東山キャンパスには食堂が12ヶ所。1年生にもっともなじみがあるのは南部食堂ですが、カフェでの軽食からラーメン・定食など、おなかと財布の状況に応じて利用できます。

      陸上競技場、硬式・軟式庭球場、野球場といった数々の施設が整う総合運動場。各サークルの部室や更衣室を備えた建物も隣接しています。

      陸上競技場、硬式・軟式庭球場、野球場といった数々の施設が整う総合運動場。各サークルの部室や更衣室を備えた建物も隣接しています。

      講堂や、図書室、講義室、材料や構造の実験室から、建築学の製図室や研究室など、様々な施設があるES総合館。交流の場としても利用されます。

      講堂や、図書室、講義室、材料や構造の実験室から、建築学の製図室や研究室など、様々な施設があるES総合館。交流の場としても利用されます。

      名大には様々なサークルが活動をしています。活動の拠点としてサークル棟があり、サークル同士の交流も盛んです。

      名大には様々なサークルが活動をしています。活動の拠点としてサークル棟があり、サークル同士の交流も盛んです。

      名大の中には、他にもまだまだ様々な施設があります。蔵書数の多さを誇る附属図書館をはじめ、工学部には欠かせない最新の実験施設など、学生生活4年間を過ごすための充実した環境が整っています。この恵まれた環境で、素敵なキャンパスライフを送ってください!

    • ~イベント編~

      名大生の主な1年のイベントをご紹介。

      名大では企画展や公開講座等、年間を通じて多種多様なイベントが行われています。 工学部でも高校生向けの体験イベントを毎年行っているのでぜひチェックしてください。

大学院受験生の方へ

研究生希望の方へ

研究生・大学院研究生入学案内(留学生以外の方)

名古屋大学工学部・工学研究科において、特別の事項について研究しようとする者があるときは、設備の許す限り、選考の上、研究生・大学院研究生として、入学を許可します。

  1. 入学について

    教授会の選考を経て入学を許可します。

  2. 入学資格

    1. 研究生
      1. 大学の工学部又はこれに相当する学部を卒業した者
      2. その他教授会において適当と認められた者
    2. 大学院研究生
      1. 博士課程において所定の年限以上在学し、所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた者
      2. 修士の学位を有する者
      3. その他教授会において適当と認められた者
  3. 入学の時期

    入学の時期は、学期の始めとします。(春学期4月、秋学期10月)
    ただし、特別の事情がある場合は、この限りではありません。

    (注)民間企業に在職のまま研究生・大学院研究生になることはできません。

  4. 授業料等納付金

    • (令和3年度の場合)
    • ① 検 定 料 9,800円(予定額)
    • ② 入 学 料 84,600円(予定額)
    • ③ 授 業 料 月額29,700円(予定額)
    • 春学期(4月~9月)及び秋学期(10月~翌年3月)の2期の区分ごとに、それぞれの期における在学予定期間に相当する授業料の額を4月及び10月に納入していただきます。
    * いかなる理由があっても、既納の諸費用は返還しません。
    * 入学時および在学中に授業料等の改定が行われた場合は、改定時から新たな金額が適用されます。
    * 研究に要する費用は、設備に付帯するもののほか、すべて自弁とします。
  5. 出願書類

    1.  入学願(本学部・研究科所定の「研究生入学願」又は「大学院研究生入学願」。 ただし、現在研究生として在籍中で、継続の申請をされる方は、教務課へお問い合わせください。)
    (注)出願前に、必ず指導教員及び学科長又は専攻長の承認印を取得して下さい。
    2.  履歴書(本学部・研究科所定の用紙。写真(4×3cmのもの)貼付のこと)
    3.  最終出身校卒業(修了)証明書又は 卒業(修了)見込証明書
    [本学の工学部・工学研究科出身者は不要]
    4.  最終出身校成績証明書[本学の工学部・工学研究科出身者は不要]
    5.  写真(3×2.4cm:研究生証用)1枚
    6.  封筒(入学手続等送付用。角型2号・切手不要・住所及び氏名を記入)1通
    * 「入学願」及び「履歴書」の用紙は工学部・工学研究科教務課で配布しますが、ダウンロードしたPDF様式も使用できます。
    * 出願後、提出書類は返付しません。
  6. 出願期間

    • 春学期 令和3年3月1日(月)~3月3日(水)
    • 秋学期 令和3年8月26日(木)~8月27日(金)

    【秋学期の出願について】
    工学部・工学研究科教務課窓口での出願書類受付は行いません。封筒の表に「研究生出願願書在中」と朱書きし、出願書類に検定料84,600円を添えて、書留郵便にて出願期間内に必着するようにしてください。(8月27日(金)16時必着)
    *検定料9,800円は普通為替にて納入してください。なお、事前に郵便局で普通為替を作成し,作成した為替には,氏名等を一切記入しないでください。記入があるものは受理できません。
    【郵送先】
    〒464-8603 名古屋市千種区不老町
    名古屋大学工学部・工学研究科教務課入学試験係

  7. 入学許可及び入学手続き

    入学の許可又は不許可は決定次第、郵送にて本人に通知します。
    入学を許可された者は、後日送付する入学手続き通知に従い入学料84,600円を所定日までに納入する必要があります。
    春学期は令和3年3月26日(金)、秋学期は令和3年9月21日(火)を予定。
  8. 在学期間

    1. 在学期間は1年とします。ただし、学年の中途において入学した場合における在学期間は、当該学年末までとします。
    2. 在学期間が満了しても研究の必要により引き続き在学しようとする者は、研究生・大学院研究生継続願及び履歴書等必要書類を添え、上記の出願期間に出願し、許可を受けなければなりません。(継続を希望する方は、『研究生・大学院研究生継続手続案内』を教務課へ請求してください。)
  9. 問合せ先

    名古屋市千種区不老町
    名古屋大学工学部・工学研究科教務課  
    電話052-789-3978, 3974
    E-mail: eng-admission@adm.nagoya-u.ac.jp

  10. その他

    現在、名古屋大学では、自動車等の入構規制を行っておりますので、通学は公共交通機関をご利用願います。

    入学後の修学に関して相談の希望がある者は、工学部・工学研究科教務課(9. 問い合わせ先参照)及び障害者支援室にて随時受け付けておりますので、問い合わせてください。
    【障害者支援室】
    電話 052-747-6963
    Email nudso@adm.nagoya-u.ac.jp