名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

環境土木・建築学科

三次元高潮津波シミュレーションシステム - Spherical Image - RICOH THETA

三次元高潮津波シミュレーションシステム

何が学べるか

良好な社会環境を創造するための工学

土木工学は自然環境に対して社会インフラを建設する工学として、一方、建築学は人間生活を収容する人工環境を建設する工学として、それぞれ個別に発展してきました。しかし、両者は良好な社会環境を創造するための工学であり、近年は両者が共同で行う事業が増えています。本学科では、暮らしをより安全・安心で快適にし、自然と調和した社会を築くための基盤について、計画から設計・施工、維持管理、環境との調和のすべてを扱う環境土木工学と、人間の様々な生活行為を含む空間を創造する総合学であり、美しい建築・都市デザイン、安全・安心な構造、快適な環境づくりなどを扱う建築学を学ぶことができます。

安全でエコな交差点であるラウンドアバウト

国際合同学生建築・都市ワークショップ

学びの環境

実験施設など充実した環境での教育・研究

環境土木・建築学科では、2年生から環境土木工学プログラムと建築学プログラムに分かれ、それぞれのプログラムでの教育・研究が行われます。環境土木工学プログラムでは、構造・材料、水工、地盤、計画、環境、国土デザインの6つの分野を基礎に、建築学プログラムでは、建築および都市における計画・デザイン、環境・設備、構造・材料・生産技術の3つの分野を基礎に、実験施設など充実した環境の中、教員の連携のもと手厚い指導による教育・研究が行われています。また、環境土木工学プログラム・建築学プログラムともに、JABEE認定を受けていることも特徴として挙げられます。

地盤材料実験の様子

将来への期待

幅広い分野にわたる就職先

環境土木・建築学科の卒業生は8割以上が大学院へ進学します。本学科の上に位置する大学院専攻には、工学研究科土木工学専攻と環境学研究科都市環境学専攻(空間環境学コース、建築学コース)の2専攻があります。大学院博士前期課程修了後は、専門性を含めた活躍を志し後期課程に進学する学生や、社会ですぐに活躍する学生がいます。卒業生は、大学等の研究・教育機関、土木・建築関連の民間企業や行政機関、国際機関など国内外のさまざまな分野において、本学科で修得した高度な専門知識と広い視野、そして豊かな想像力や応用力をもった技術者として活躍しています。

げんさいカフェ

Key Words

社会インフラ

本学科では、道路、鉄道、空港、港湾、ライフライン、防災構造物などの社会インフラに関する総合学問を学びます。社会インフラは、生活のみならず、経済活動、防災・減災、教育・福祉などとも密接に関係しており、人間が日常生活を営む上で必要不可欠な社会全体の基盤となります。

黒部ダム

人と環境が共生する未来へ

建築学とは人間の様々な生活行為を含む空間を創造する総合学です。建築学プログラムでは、建築及び都市における計画・デザイン、環境・設備、構造・材料・生産技術の総合的な教育を行い、幅広い視野に立ち高度な専門知識を駆使し得る個性的で創造力豊かな人材を育てます。

2015年度優秀卒業設計賞作品“Bee-Fruit-Hub”

研究室ピックアップ

 

社会基盤機能学講座
社会基盤設計学
舘石・判治研究室

社会基盤機能学講座
社会基盤設計学
舘石・判治研究室

橋梁などの鋼構造物を安全かつ長持ちさせるための研究を行っています。自動車の通過や地震の作用によって橋梁に発生する損傷を推定する方法や、それらの簡易な補修方法の開発などに取り組んでいます。


閉じる

水工学講座
流れ・地形解析学、流域保全学
戸田・椿研究室

水工学講座
流れ・地形解析学、流域保全学
戸田・椿研究室

土砂水理学という水と土砂の移動に関する学問を基礎にして、河川流域の治水・利水という従来の工学的目的のみならず、親水・環境保全という環境機能を支える為の研究を行っています。


閉じる

都市持続発展論講座
地域・交通戦略
加藤研究室

都市持続発展論講座
地域・交通戦略
加藤研究室

日本の各地域が、人口減少・超高齢化・財政逼迫を乗り越え、低炭素・省資源化しながら魅力的となっていくためのインフラ・土地利用・交通戦略を地域自ら検討する方法論をつくり、実地域への適用を進めています。


閉じる

環境共生・生態システム講座
環境エコロジーシステム,環境共生システム
林研究室

環境共生・生態システム講座
環境エコロジーシステム,環境共生システム
林研究室

エネルギー・自然環境に関する政策や影響評価、生態系サービス評価をキーワードに研究しています。地図情報を扱うGISやアンケート調査等を通じて、環境と共生した社会づくりを目指しています。


閉じる

社会基盤機能学講座
国土デザイン学
富田・中村(晋)研究室

社会基盤機能学講座
国土デザイン学
富田・中村(晋)研究室

自然災害の激化、人口減少と高齢化が進む現代社会に対して、自然インフラと社会インフラの両面から、安全・安心で持続的な国土を創生するためのデザイン手法に関する研究及び実践を行っています。


閉じる
 
 

環境・安全マネジメント講座
都市計画・地域計画学
清水・宮脇研究室

環境・安全マネジメント講座
都市計画・地域計画学
清水・宮脇研究室

美しく強い都市づくりを目指し、都市計画、都市デザイン、景観計画、都市開発、歴史的環境保全、生態系保全の計画学、事業手法を国際的に研究しています。近年、景域管理、環境権、災害復興、エネルギーも重視しています。


閉じる

地圏空間環境学講座
構造信頼性工学
森研究室

地圏空間環境学講座
構造信頼性工学
森研究室

構造工学/耐震工学の視点を中心としながら、建築物に関わるリスクを総合的に捉え、これを定量的に評価し、費用対効果を考慮しつつ効率よくマネジメントするための理論や方法論に関する研究を行っています。


閉じる

建築構造システム講座
建築材料学
丸山研究室

建築構造システム講座
建築材料学
丸山研究室

セメント系材料を中心として、原子レベルからメートルレベルの材料と建築構造の研究を行っています。近年では、極限環境に用いる建築/建設材料の性能評価と新材料の設計の研究に取り組んでいます。


閉じる

環境・安全マネジメント講座
建築環境工学
久野研究室

環境・安全マネジメント講座
建築環境工学
久野研究室

主として快適性の研究をしています。快適性には、不快がないという消極的な快適性と、面白い、楽しい、気持ちいいという積極的な快適性の二つがあります。積極的快適性を建築に取り入れたいと思っています。


閉じる

建築・環境デザイン講座
エネルギーマネージメント学
奥宮研究室

建築・環境デザイン講座
エネルギーマネージメント学
奥宮研究室

再生可能エネルギー活用を含むサステナブル建築の実現に向けた研究、また地域規模では中心市街地におけるエネルギー融通システム、電気自動車の普及に伴う電力使用パターンへの影響などの研究を行っています。


閉じる
 

ここがスゴイ!

  • JABEE認定プログラム

    環境土木・建築学科の教育プログラムは、環境土木工学プログラムにおいて平成16年度より、建築学プログラムにおいて平成20年度より、日本技術者教育認定機構(JABEE)により認定されたプログラムとなっています。JABEEとは「高等教育の質を保証するための認定制度」です。JABEEは技術者教育の国際相互承認を最終的に目指しており、将来的にはJABEE認定プログラムを卒業すれば世界中で通用する技術者として認められるようになるしくみです。また、国内ではJABEEプログラム修了者には、「技術士の1次試験の免除」および「修習技術者資格の自動取得」というメリットが与えられます。

  • N2U-BRIDGE(ニュー・ブリッジ)

    橋梁保全技術者の育成・技術力向上を目指し、長年使用された橋梁や、国内最古の歩道橋、劣化した橋の部材などを日本全国から集め、世界で始めて作られた施設です。橋の点検について実践的な学びを進めています。
    詳細(PCサイト)へ

  • 名大東山キャンパスの創造的再生

    20年を超える名大キャンパスの再整備には建築学コースの教員が参画しており、その成果は2015年度日本建築学会賞(業績)として表彰されました。生まれ変わった名大キャンパスで一緒に学びませんか?
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

めざしていた技術者の道へ。
選んだのは“土木・建築”の世界でした。

福和 彩果

中野・山田研究室(土質力学・地盤工学)所属

学部1~3年次/「自由な雰囲気が魅力の名大で6年間学び、技術者になりたい」と、土木・建築・環境のどれを専門に学ぶかを決めずに入学しました。1年次には各分野の先生方が交替で行うオムニバス形式の講義があり、特に印象に残ったのが、土や水に関する個性あふれる研究の世界。自由な時間が多い1~2年次には、空いた時間を自分のために使おうと国内外を旅行しました。学科の友人と一緒に出かけた海外で、街並みを眺めながら授業で学んだ都市計画の知識が頭に浮かび、土木分野への関心が成長しているのを実感しました。

大量の水を含む粘土にセメントを混ぜた改良土の力学特性を測定しています。

旅行先のスペインにて。ふだんの週末は、1人で国内弾丸旅行も。

学部4年次~大学院/河川の底や河口付近に堆積する“邪魔物”の泥を有効活用するため、大量の水を含む粘土にセメントを混ぜて力学的な性質を改善する研究をしています。このような材料は主に埋め立てなどに利用されていますが、地震時の安定性などを保証できれば、利用用途が拡大します。研究室はほかの学生や先生方との一体感がハンパなく、とても居心地がよいです。卒業後の進路もOBから助言を得て、第一志望の鉄道会社の技術職にスムースに決まりました。卒業後は、講義や研究を通して身に着けた専門的な知識と学生生活を通して広げることができた視野を活かして、人々の日常の足を守るため挑戦していけたらと思っています。

大学院へGO!

土木工学専攻

質の高い社会インフラの形成を可能とする研究者・技術者の養成

土木工学専攻では、社会における土木工学・土木技術の重要性や環境に与える影響を考慮しながら、質の高い社会インフラの形成を導く学理・方法論を研究するとともに、先端的な専門知識と高い倫理観をもつ研究者・技術者を養成することを教育の目標としています。英語による授業や海外インターンシップ制度の充実した最先端土木工学研究プログラム・国際環境人材育成プログラムへの参加も可能で、留学生の割合も3割程度と他専攻に比べて多く、身近な地域から世界までを将来の活躍の場とする教育研究を推進しています。

国際色豊かな教育・研究環境

環境学研究科・都市環境学専攻

建築・都市・地域における自然環境−人工環境−人間環境

都市環境学専攻では、生活の持続性向上のためのテクノロジーとコントロールシステム(持続性学)を模索しつつ、人の視点に立って、建築・都市・地域における自然環境-人工環境-人間環境の新たな関係(安全・安心学)を構築します。都市環境学専攻が所属する環境学研究科は、理学・工学・人文社会科学の3つの異なる領域が1つの研究科として結集した文理融合型の研究科であり、3つの専攻と2つのセンターが協働して幅広く重層的な教育研究を推進しています。

環境問題の解決に向けて