工学部・工学研究科

環境土木・建築学科 Civil Engineering and Architecture

建築設計課題の成果発表と講評会

学びの環境

 実験施設など充実した環境での教育・研究

環境土木・建築学科では、他の学科と違い2年生から環境土木工学プログラムと建築学プログラムに分かれ、それぞれのプログラムでの教育・研究が行われます。環境土木工学プログラムでは、構造・材料、水工、地盤、計画、環境、国土デザインの6つの分野を基礎に、建築学プログラムでは、建築および都市における計画・デザイン、環境・設備、構造・材料・生産技術の3つの分野を基礎に、実験施設など充実した環境の中、教員の連携のもと手厚い指導による教育・研究が行われています。また、環境土木工学プログラム・建築学プログラムともに、JABEE認定を受けていることも特徴として挙げられます。

JABEE認定プログラム

環境土木・建築学科の教育プログラムは,環境土木工学プログラムにおいては平成16年度から,建築学プログラムにおいては平成20 年度から,それぞれ日本技術者教育認定機構※(JABEE)による認定プログラムとなっています。
JABEE 認定プログラム修了者には,国家資格である「技術士」の第一次試験免除に該当する「修習技術者資格」の自動取得というメリットが与えられます。さらに、JABEE認定プログラムは国際的同等性が保証されており、JABEE修了生が将来、海外留学をしたり、技術者として海外で働く場合に有効な手助けとなります。
一般社団法人日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)は,高等教育機関の技術者教育プログラムの審査・認定を行う機関です。
JABEE は,最終的に技術者教育の国際相互承認を目指しており,技術者教育プログラムの質が保証されているかどうかを認定することによって,教育プログラムの国際的な通用性を担保することを意図しています。