名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

機械・航空宇宙工学科

航空実験棟1F101号室「吹出風洞」 - Spherical Image - RICOH THETA

航空実験棟1F101号室「吹出風洞」

何が学べるか

次世代の機械・航空宇宙系
エンジニアを目指して

多種多様な工業製品や航空宇宙機といった複雑なシステムを創りあげるために必要な、全ての自然科学分野の基礎・応用技術を探求する学科です。機械工学および航空宇宙工学の共通の基礎教育の後、専門教育として根幹となる学問分野(設計・製図、流体・熱・環境、材力・材料・加工、運動・振動、計測・制御、電気・電子、計算機・情報、生体)を、演習・実験・実習を交えつつ学べます。

講義の様子

学びの環境

最先端設備と強力な教育・研究体制

【施設・設備】 材料強度試験機、原子間力顕微鏡、超精密微細加工機、フェムト秒レーザー、走査型プローブ顕微鏡、3次元プリンター、風洞、ヒューマノイドロボット、3軸熱拡散測定装置、回転デトネーションエンジン、スパッタリング装置 【教育体制】大学院工学研究科機械システム工学専攻、航空宇宙工学専攻、ならびにマイクロ・ナノ機械理工学専攻に所属する教員が主体となって教育および研究指導にあたっています。 【研究体制】名古屋大学のある中京圏は、世界的に見ても機械・航空宇宙産業の集積地のため、個々の教員、研究グループあるいは本学科として、民間および公立研究機関と密接に連携しています。

マイクロマシン技術により作製したプローブ

将来への期待

国際社会でリーダーシップを
発揮する技術者へ

卒業後は、大学院(博士前期・後期課程)へ進学し、より高度な機械・航空宇宙工学の知識を習得し、また、それらを統合するための能力を涵養することが期待されています。大学院修了後は、民間企業(自動車・航空宇宙機・輸送用機械、化学・金属・セラミック、電気・電子・通信、機械・精密機械、エネルギー、情報・コンピュータ、流通・サービスなど)および官公庁・教育機関・研究機関などに就職しており、様々な分野での活躍が期待されています。

海外講師によるセミナー風景

Key Words

機械工学

機械工学は、皆さんに馴染みの深い自動車やロボットをはじめとして、医療・福祉機器、環境・エネルギー機器、マイクロ・ナノ機器などの設計・製造など、現代文明の基盤技術を支える学問です。伝統の上に新しい知識と技術を積み上げる学問、それが機械工学です。

自動運転機能付き一人乗りEV

航空宇宙工学

飛行機の発明から約110年、人工衛星の初打上げから約60年、航空宇宙工学は、未踏技術の開発に挑戦する総合工学であり、その発展は人類の生活様式を変革してきました。そこで培われた技術は、航空宇宙機に限らず、自動車、高速車両などにも導入されています。

超小型衛星

ここがスゴイ!

  • 超高分解能LIF光ファイバーセンサの開発

    液体乱流中の3ミクロンという微小な物質濃度むらをリアルタイム計測可能な世界最高分解能のLIF光ファイバーセンサを開発しました。これにより流体機械内で起きる化学反応過程を直接調べることが可能になりました。
    詳細(PCサイト)へ

  • リアルメカトロニクスを目指すものづくり!

    秦研究室、新井研究室は、日本機械学会、福井大学、ファイン・バイオメディカル社と共同で、内閣府戦略的イノベーションプログラムにて、マルチスケール、マルチ材料の新しいものづくりを進めています。
    詳細(PCサイト)へ

  • 航空宇宙産業を支える新加工技術の開発

    航空機に用いられる素材の高性能加工技術を開発しました。高機能な新素材は同時に難加工性を併せ持ちますが、その実用化を実現する新しい加工技術開発に産学連携で取り組んでいます。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

新しいことに挑戦したい好奇心を、
名大はいつも満たしてくれた。

嶽野 広明

梅原研究室(マイクロ・ナノ機械理工学専攻)所属

学部1~3年次/特別な目標があったわけではなく、宇宙工学や機械への漠然とした興味からこの学科を選びました。ただ、子どもの頃から好奇心旺盛で、新しいことに挑戦するのが好き。名大入学後に高校時代のサッカー部の先輩に誘われて入ったよさこいサークルでは、次第にのめり込み、にっぽんど真ん中祭り(どまつり)に出演しました。サークル代表を任され、他大学の仲間と一緒に熊本まで行き、どまつりの知名度を上げるPR活動も。講義は友人たちにつられて履修したのですが、それでも無遅刻無欠席で知識を積み重ねた結果、3年次からの実験では、理論を確かめられる楽しさを味わいました。

半導体基板の代わりに、光が透過するガラス基板を使用。砥粒で研磨する様子をPC画面に映し、その場で観察しています。

よさこいサークル“快踊乱舞”では、どまつりのほか、東海各地のお祭りにも参加。他大学にも人脈が広がりました。

学部4年次~大学院/研究テーマは、電子部品に使われる半導体デバイスの研磨技術です。砥粒を使って基板を鏡面研磨する際、ダイヤモンドの微粒子に軟らかい材質の粒を混ぜて、コストを下げるとともに効率を高めることが目標。そのための最適な材質の組合せや配合比率を探っています。ミクロの現象を観察するのは楽しいうえ、研究室の技官の方の力を借りて装置を改良し、観察精度が向上するうれしさも味わえます。名大は規模が大きい分、研究室もサークルも選択肢が豊富なうえ設備も充実していて、やりたいと思うことが身近にいくらでもある環境。好奇心と向上心を大いに満たしてくれました。

大学院へGO!

機械システム工学専攻

機械工学のエキスパートを輩出

本専攻では、機械システムの多様化・高機能化・知能化および機械工学分野の細分化・専門化に対応すると同時に、これらを統合して新しい機械やシステムをまとめ上げることができる機械技術者を育成します。また、本専攻における教育を通じ、豊かな人間性と高い倫理観をもった人材を育成します。

人間-ロボット共存系のリスク評価実験

マイクロ・ナノ機械理工学専攻

地球と人間に優しい科学技術を目指す

本専攻では、機械システム構築のための基本である材料・加工・計測・制御分野の教育指導を行います。さらに応用分野では、ナノデバイス、機能表面、微細加工、複合材料、情報機器、医用機器、ロボットなどの学際的研究テーマを通し、機械工学の研究者・技術者として基盤的知識の習得と学際的思考を養成します。

蛍光染色技術により観察した10nm粒子の軌跡

航空宇宙工学専攻

未踏技術の開発に挑戦する高度先端総合工学

本専攻では、高度の創造性、総合性を有し、国際的視野を持って指導的役割を担う技術者・研究者の養成を目指しています。空力・推進講座、構造・創製講座、飛行・制御講座の3つの大講座があり、航空機、ロケット、人工衛星などの新技術開発に関する教育・研究に取り組んでいます。

レーザー加熱による超音速抗力低減

就職状況

●工学部は2017年に改組を行い,新学科での卒業者は出ていないため,学部全体での状況を示しています。

●大学院工学研究科博士後期課程は2017年に改組を行い、新専攻での博士修了者はまだ出ていないため、全体での状況を示しています。