名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

電気電子情報工学科

C-TECs(エネルギー変換エレクトロニクス研究館) - Spherical Image - RICOH THETA

C-TECs(エネルギー変換エレクトロニクス研究館)

何が学べるか

電気に関わる幅広い技術分野を学ぼう!

電気電子情報工学科では、私たちの生活を支える電気に関わる幅広い技術分野の教育・研究を行っています。具体的には、エネルギー・環境、発送電、電力機器・システム、ナノテクノロジー、先端エレクトロニクス、デバイス、コンピュータ、通信、情報システムなどの各分野を基礎から学びます。1~2年生では各分野に共通的・基礎的な科目の座学と演習で電気に関する基礎学力を修得し、3年生では各分野の専門科目と実験で工学的素養と広い視野を身につけ、4年生では研究室の教員や先輩の指導の下で卒業研究に取り組み、誰もやったことがない、解けるかどうかもわからないテーマに挑戦します。

超伝導マグネットに向けた超伝導線作製装置

学びの環境

世界最先端の研究環境で学ぼう!

青色発光ダイオードの発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞された天野浩先生の研究室をはじめとして、電気電子情報工学科には30以上の研究室があります。電気電子情報工学科は、学内の未来材料・システム研究所、宇宙地球環境研究所、プラズマナノ工学研究センターや、学外の核融合科学研究所や海外の研究機関と連携しています。さらに、国家プロジェクトや国内外の企業との共同研究を通じて、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する世界最先端の研究環境を整え、広い社会的視野と国際的視野を備えたリーダーシップを発揮できる人材を育成しています。

作製した集積型光電子融合デバイス

将来への期待

多種多様な業界&国内外で活躍しよう!

電気電子情報工学科を卒業した学生の約90%は大学院(工学研究科博士課程前期課程)に進学し、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する高度な専門知識の修得と総合力・応用力を養成します。また、大学院(工学研究科博士課程前期課程)を修了した学生は、さらに大学院(同後期課程)に進学して博士(工学)の学位取得を目指す他、電気・電子・通信機器、自動車、機械・造船、通信・放送、電力・ガス、鉄道・運輸、精密機器など、多種多様な業界に就職しています。最近では、毎年500社以上の企業から求人があり、約70社の企業に就職し、技術者・研究者として国内外で活躍しています。

教育支援ロボットとの協調学習の様子

Key Words

化合物パワー半導体応用

現在、技術の進化により大幅な低損失化が可能な窒化ガリウムや炭化ケイ素といった化合物パワー半導体が作成可能となっています。本学科では、パワー半導体からその応用技術までの研究を行いながら、将来の次世代電気自動車やハイブリッド航空機への応用を目指しています。

超高効率インバータとオリジナル電気自動車

制御~モノを制して御する

電気電子情報工学を学び、モノやシステムをよく観察(センサによる計測・電子回路による信号処理)し、詳しく理解(コンピュータによる信号・情報処理)し、適切に操作(電気回路によるモータ等を駆動)することで、あらゆるものを意のままに操る技術を磨きます。

研究で使用する様々な制御対象

ここがスゴイ!

  • 極低温での整流を可能にする超伝導整流素子

    超伝導体はゼロ抵抗で送電できるので、次世代の省エネルギー技術として期待されています。本研究室では、基本的な電気素子として、-200℃以下の極低温で超省エネ整流を実現する超伝導素子を開発しています。
    詳細(PCサイト)へ

    新規開発した高温超伝導体を用いた整流素子

  • コンタクトレンズ型血糖センサを新開発

    世界最小クラスの発電・センシング一体型血糖センサ(発電とセンシングを同時に行うセンサ技術)を新開発し、外部からの無線給電等が不要なコンタクトレンズによる血糖モニタリングが実現可能となりました。
    詳細(PDF)へ

    試作装備のコンタクトレンズ

  • リアルタイム3次元映像取得・表示システム

    超高密度カメラで3次元映像情報を取得し、リアルタイムで3次元ディスプレイに表示することに成功しました。遠隔地のシーンをリアルタイムに眼鏡なし立体像として観察できます。
    詳細(PCサイト)へ

    表示ディスプレイ

わたしの6年間

厳しい環境に身を置き成長したい!
研究室で見つけた自分のスタイル。

中根 一也

堀・関根研究室(電子工学専攻)所属

学部1~3年次/「プラズマは世界を変える!」――1年次の講義で聴いた、現在所属する研究室の先生の言葉です。私がこの学科を選んだのは、プログラミングへの憧れから。それが、がん治療など多彩な可能性を秘めたプラズマ研究の魅力と、先生の情熱的な姿に、一瞬にして惹きつけられ、それ以降はこの先生の下で研究したい一心で学びました。学業以外では人見知りを克服しようと、他大学と合同のテニスサークルに所属し、アルバイトは接客業を選択。中でもピザのデリバリーでは、短時間で好印象を与える接客を工夫して、お客様から高評価をいただき表彰を受ける、うれしい経験もしました。

加工後の表面状態の評価は、酸素やホコリの影響を避けるため、プラズマを照射した装置内で行い、現象を正確に解明します。

最初は英語でのコミュニケーションに苦労しましたが、自分の知らない知識や観点に刺激を受け、視野が広がりました。

学部4年次~大学院/研究は、半導体デバイスの高精度形状加工に関するものです。スマホなどに使われる半導体デバイスは、プラズマを利用して、原子レベルの精度で表面を削る加工がされています。その際のプラズマと半導体表面の詳細な反応メカニズムを解明し、自在に制御する方法を確立することが目標です。ワクワクするような最先端の設備を駆使して、未解明のメカニズムに迫る。それも英語を勉強して、オランダ人研究員とコミュニケーションを取りながら。サークルやアルバイトと同様に、厳しい環境に身を置くからこそ成長できる楽しさを、最も味わえたのはこの研究室でした。

大学院へGO!

電気工学専攻

社会活動の共通基盤である電気エネルギー

東日本大震災以降、社会活動の共通基盤である電気エネルギーの重要性が再認識されています。当専攻では、電気エネルギーの発生・輸送・利用に関する高い信頼性と品質、優れた経済性、高効率化および地球環境との調和に向けて、材料創製、機器設計、システム運用のための基礎研究と応用技術開発を行っています。

宇宙プラズマ環境を映すオーロラの観測

電子工学専攻

人と技術の調和の実現や省エネ社会の構築

電子工学は、情報通信、医療、農業等の様々な分野において現代社会を支えています。当専攻では、人と技術の調和の実現や省エネ社会の構築に向けて、新機能デバイスや超低消費電力デバイス、それらを実現するためのプラズマナノプロセス、生体情報などを高感度に検出するセンサ技術などの研究を行っています。

デバイス物理を切り拓く最先端物性解析

情報・通信工学専攻

豊かで地球・人に優しい社会に貢献する技術

将来の情報通信技術、それを用いて生成・蓄積される膨大なデータを活用し、豊かで地球・人にやさしい社会に貢献する情報システム技術の構築に向けて、コンピュータアーキテクチャやインテリジェントシステム、無線通信、光通信ネットワーク、映像信号処理やその伝送、各種機器の制御などの研究を行っています。

LEDの光で自動車にデータ伝送

就職状況

●工学部は2017年に改組を行い,新学科での卒業者は出ていないため,学部全体での状況を示しています。

●大学院工学研究科博士後期課程は2017年に改組を行い、新専攻での博士修了者はまだ出ていないため、全体での状況を示しています。