名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

マテリアル工学科

物質プロセス実験室 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

物質プロセス実験室

何が学べるか

物理・化学を基盤として工学を俯瞰する学問

「マテリアル」という大きなテーマのもと「何をつくるか(デザイン)」、「どのようにつくるか(プロセス)」、「いかにして社会に送り出すか(システム)」を考え、教育・研究を行うのが「マテリアル工学科」です。これまでの「材料工学分野」と「化学工学分野」を融合させることで、物質・素材・材料の開発から、地球環境に調和した原料から社会実装までを、ダイナミックな「ものづくり」として革新していきます。物理・化学のエッセンス、材料工学・化学工学の専門知識を習得し、次世代における「ものつくり」のフロンティアを開拓していく第一線の人材育成を行います。

マテリアル工学科の研究・教育の理念

学びの環境

分野融合領域の研究者と先端研究設備の充実

「マテリアル」を取り扱うためには物理からのアプローチと化学からのアプローチの融合が必要です。物理・化学をベースとした研究者、ビックデータや理論計算をベースとし情報工学を取り込んだ研究者、シンクロトロン光大型設備などを用いた先端計測分野の研究者などが集い、様々な観点からマテリアルを俯瞰できる学びの環境が用意されています。専門性を有し、マテリアルが有する多様性を理解できる知識を“自由自在に使える武器”として学ぶ、このためのカリキュラムが設定されています。学びながら、自身の専門分野を見つけていくことができる、従来の学問体系にとらわれない将来像を描くことができます。

進化する未来へ、多様な素材を地球にやさしく

将来への期待

すべての産業を支えるマテリアル工学

「マテリアル」、これは社会に貢献し得る学問であると私たちは考えます。社会をより豊かに、安心して、永続的に発展させていくためには、研究で培った英知を具体的な“もの”として、世に送り出すことが必要です。「マテリアル」はすべての産業を支え、そして、社会を豊かに進展させてきました。関連産業が多岐にわたる材料工学分野と化学工学分野が融合したことにより、機械、自動車、重工業、電気・電子機器、情報、医療、食品、資源、エネルギーなど、その将来性が飛躍的に広がりました。工学を俯瞰できる多様性を身につけること、これは将来への可能性を大きく広げます。

マテリアル工学が活躍する社会

Key Words

環境エネルギーの未来を拓く

マテリアル工学に基づいた新しいエネルギー材料の創製、高容量エネルギー貯蓄技術、エネルギー消費高効率化などの技術革新だけでなく、環境に優しい廃棄物の再資源化、生体材料の開発などを通して、地球環境と共生する循環型社会の実現を目指します。

微細藻類をバイオ燃料に変換する研究

スマートなものづくり

医療福祉やIT機器などの日常製品から、衛星や航空機などの最先端機器、それらの製造・変換プロセスに至るまで、文明を支える「ものづくり」をスマート化します。設計データを入力し、複雑形状金属部品を製造する3Dプリンタ技術は未来の「ものづくり」のひとつです。

3Dプリンタによる複雑形状金属部品の作製

ここがスゴイ!

  • 広がる産学連携・社会とのつながり

    産学連携を積極的に進めています。高熱伝導AlN繊維合成技術のベンチャー設立、研究機関(AIST、NIMS)との連携、中部地区企業との技術支援ネットワーク(テクサポネット)などを展開して、研究・技術力を発信しています。

  • 未来の自動車を生み出すマテリアル

    高い剛性と衝突安全性を備えた軽量複合材料、高効率の太陽電池、高容量の固体蓄電池、部品の高速成型加工技術などマテリアル工学の技術は、あなたが思い描く未来自動車を実現します。
    詳細(PCサイト)へ

  • マテリアル工学を先導する最先端実験施設

    マテリアル工学科は世界有数の大型計測分析施設を備えています。金属粒子の表面原子1層を見る電子顕微鏡や物質の電子運動を直接測定できるシンクロトロン光はマテリアルの持つ特性の起源解明に迫ることができます。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

自然体なのに、強い意志がある。
そんな仲間の姿が、やり抜く力に。

佐藤 はるか

後藤研究室(物質プロセス工学専攻)所属

学部1~3年次/社会に役立つ新しいモノづくりの方法を学びたかった私は、入学後は省電力のプラント稼働方法などを興味深く学びました。でも学部時代に最も熱中したのは、交流を広げようと入ったバドミントンサークルの活動です。3年次には名大祭に屋台を出店するリーダーとして、もう1人のリーダーと協力しながら、メンバーの結束が強まるよう工夫し売上アップ。文系を含む他学部の親しい友人もできて、違う考え方や早くから始まる就職活動への高い意識にふれたのも、新鮮な経験でした。

トマトから抽出されたリコピンのサンプルに、マイクロ波を照射。トランス型から5シス型に変化した量を測定します。

日本食品工学会第19回大会で、優秀ポスター賞を受賞。前回より格段に評価が上がったのも、仲間に刺激されたおかげです!

学部4年次~大学院/研究テーマは、関心のあった食品を選びました。トマトのリコピンには、シス型とトランス型の異性体があり、人が最も効率的に吸収できるのは“5シス型”です。卒業研究では、少ない加熱のエネルギーで5シス型を多く生成できる“触媒”の役割を、タマネギなどに含まれる硫黄化合物が果たすことを突き止めました。現在は、電子レンジのマイクロ波を使うとさらに効率よく5シス型を生成できることを確認し、理由の解明に挑んでいます。研究室の仲間は、自然体でありながらも、強い意志でやりたいことに取り組む努力家。そんな中で刺激を受けて研究を重ね、学会ではポスター賞を受賞できました。がんばりたいと思える環境で、自分自身の生活にも役立つ研究を楽しんでいます。

大学院へGO!

材料デザイン工学専攻

理論予想から設計する未来型“ものつくり”

従来の試行錯誤的なマテリアル探索からの脱却を目指し、社会が必要とする機能を有したマテリアルを理論的にデザインし精緻に創り出していきます。理論計算、先端計測とプロセスとを連携させた21世紀型の“ものつくり”を実現します。

コンピュータで作り出す材料

物質プロセス工学専攻

未来社会を創造する革新的製造プロセス

熱力学・表界面科学・化学反応・移動現象などの材料工学・化学工学を基礎として、センシング技術、シミュレーション技術、情報処理技術との融合により、未来社会を創造する物質および材料、部材の革新的なプロセスを創成し、先鋭的な研究開発と異分野を融合した専門教育を行っています。

3Dプリンターで作りだした人工造形金属材料

化学システム工学専攻

環境に優しいプロセス開発を目指して

人類社会の持続可能な発展に必要な製品・材料の生産システムにおける収支・反応予測と、物質の化学状態、組成、物性及び物理化学的な予測を基に、高効率・低環境負荷で高性能な製品・材料を生産するプロセスの開発及びそれらの統合に関する化学システム工学の方法論についての研究と専門教育を行っています。

独自に開発した高効率CO2吸収システム

就職状況

●工学部は2017年に改組を行い,新学科での卒業者は出ていないため,学部全体での状況を示しています。

●大学院工学研究科博士後期課程は2017年に改組を行い、新専攻での博士修了者はまだ出ていないため、全体での状況を示しています。