名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

化学生命工学科

材料設計化学実験室 - Spherical Image - RICOH THETA

材料設計化学実験室

何が学べるか

確かな基礎化学に基づく俯瞰的応用力

化学は、物質の構造、性質、反応を扱う学問です。近年の科学技術の急速な発展に伴い、学問としての化学はその対象範囲を急速に拡大させています。革新的な材料を構成する新しい物質の開発のみならず、生命現象の分子レベルでの解明から生物の工学的応用に至るまで、豊かで健康な社会を永く維持・発展させていく上で、今後ますます重要性を増していくでしょう。本学科では、化学の基礎学問である物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、生化学などを体系的に学び基礎力を養ったうえで、合成化学、生命工学、材料化学、高分子化学などの学問を修め工学的な見地からの俯瞰的応用力を身につけます。

研究室配属前の学生実験

学びの環境

道を切り拓くたくましさ

「化学」の中身は多様です。化学生命工学科は基礎から応用まで、物理化学的(原子レベルの)アプローチ、複雑な分子の合成や機能解析から生物そのものを扱う研究までを幅広くカバーしており、皆さんの選択肢は多彩です。教員・先輩から聞く講義・体験談は迫力があり、3年生までに強く惹かれる分野がいくつもみつかることでしょう。4年生になると、あなたの希望に基づき研究室に配属され、卒業研究として世界最先端の化学に取り組む中で、自ら問題を発見し解決できる、より深化した展開力が身につきます。研究の創造性、厳しさ、楽しさを自ら体験して大きく成長してください。

化学生命工学科の学び

将来への期待

化学の力で未来社会を構築していく一員に!

学部卒業後はほとんどの学生が大学院修士課程に進学しています。化学に基づく総合力に加えて広い視野と新たな思考力をもつ人材として、卒業後は多くの民間企業(化学/材料、食品・医薬品、電気・エレクトロニクス、自動車関連など)や国・地方公共団体・大学等の研究職へ就職しています。化学やバイオの裾野が広がり、卒業生はあらゆる産業で活躍しています。社会に出て数年もたてば、プロジェクトをリードし後輩を指導する役割を任されるようになるでしょう。また、海外で技術指導・研究を行う卒業生も増えています。世界中で未来社会を築いていくのは私たち一人一人なのです。

研究成果の発表

Key Words

機能性人工核酸の開発

生命現象およびそこから作り出される様々な生体分子は、我々に計り知れない可能性を示してくれます。DNAのような生体分子を謙虚に学びつつ化学的に再設計することで、天然を凌駕した高機能性人工核酸を構築し、バイオテクノロジーや医薬へと展開しています。

人工核酸SNAとRNAの二重鎖の結晶構造

金属ナノ粒子を化学する

金属ナノ粒子は燃料電池電極、自動車排ガス処理、有機合成など様々な分野で触媒として利用されます。名古屋大学所有の高分解能電子顕微鏡を駆使した原子レベルでの金属粒子構造の観察により、触媒作用の理解に基づいた高性能触媒の設計を目指しています。

形が変わると選択性も変わるPdナノ粒子

ここがスゴイ!

  • 組織化された液晶性の薄膜を光で精密に制御

    液晶物質やゲル、無機粒子、有機無機ハイブリッドなどの材料を扱っています。光で液晶分子を並べたり、白色の無機粒子の並べ方でいろんな色を作ったりと、将来のソフトマテリアル技術を目指して研究を進めています。
    詳細(PCサイト)へ

  • 生物のものづくりをまねてナノ構造をつくる

    持続可能な社会の実現にむけて、省エネルギーの微細加工技術が求められています。私たちは、生物のものづくりに着想を得て、水中、温和な条件で、無機粒子と有機高分子からナノスケールの構造体を組み上げています。
    詳細(PCサイト)へ

  • 身近な微生物で環境を守る

    1gの土の中には1億ほどの微生物がいます。微生物を使って、汚れた水や空気を浄化し、化石燃料に代わるバイオ燃料、薬や化成品を造ります。人間や動物と共生する微生物を使って、我々や食用動物の健康を守ります。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

新聞に載った研究に、人間的な成長。
名大の、この研究室だから今がある!

山岡 奈央

本多研究室(生命分子工学専攻)所属

学部1~3年次/幼少期から大好きだった自然や生物の分野で、人の役に立ち世の中を変えるモノづくりをめざし、高校の先生の勧めで自由な研究環境のある名大に入学しました。生物系の講義では、生体のしくみを理解し感動! 自分から質問に行けば必ず丁寧に答えてくれる、おせっかいすぎず面倒見がいい先生方の存在もあり、講義を最大限に活用して知識を自分のものにできました。勉強以外では、人見知りをなくすため、料亭でのアルバイトにも挑戦しました。

1人黙々とではなく、協力し合うのが研究の醍醐味!後輩も意見が言いやすい場づくりを心がけています。

シリコーンゴムで作製した小さなデバイスの中でヒト細胞を培養し、人体で起きている現象を再現します。

学部4年次~大学院/研究は医療と連携した内容です。筋肉が萎縮し死に至るALSやSMAは、メカニズムが未解明の難病。そこで神経と筋肉のどちらから悪い因子が出るのかを解明するため、患者と健康な人のiPS細胞から作製した神経と筋肉の細胞が、軸索を伸ばしつながる様子を観察するためのデバイス(器具)を開発しています。細胞同士が重なることなく観察できるデバイスの開発に成功し、新聞にも掲載されました。研究室の先生は、自由闊達な名大の学風を大切にし、学生も自立した専門分野のプロとして認めてくれる方。そのおかげで成果を残せただけでなく、責任感や協働する力まで身につきました。名大で得た自信を力に、卒業後も人のための研究開発に取り組みます。

大学院へGO!

有機・高分子化学専攻

ナノからマクロスケールの有機化合物の化学

私たちの生活は、医薬や有機電子材料、繊維など機能を持った有機化合物に支えられています。本専攻では、小分子から巨大分子(高分子・超分子)まで全ての有機化合物の物性・合成と応用に関する高度な専門知識が身につきます。広範な分野の世界最先端研究を通して、社会で活躍できる研究者を育成します。

応用物質化学専攻

持続型社会を支える材料・物質の創製と応用

原子・分子レベルでの物質制御に基づき、持続可能な社会を支える新物質を生み出し応用展開する学問領域を担います。固体化学や物理化学に関わる深い知識を涵養する専門教育と、化学の視点から物質の成り立ちを解明し革新材料の創製につなげる研究を行います。新たな研究フロンティアを拓く研究者を育成します。

生命分子工学専攻

いのちの働きを工学する

生命現象を分子レベルで解析・理解すると共に、その機能を人工的に再構築して幅広く利用することをめざしています。バイオテクノロジーの開発や生物機能を抽出・デザインする技術によって、「いのち」の精緻な働きを工学的に利用していく道を拓きます。基礎と応用を有機的につなぐ研究者を育成します。

就職状況