名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

機械・航空宇宙工学科

航空・機械実験棟 自由傾斜風洞 - Spherical Image - RICOH THETA

航空・機械実験棟 自由傾斜風洞

何が学べるか

次世代の機械・航空宇宙系
エンジニアを目指して

多種多様な工業製品や航空宇宙機といった複雑なシステムを創りあげるために必要な、全ての自然科学分野の基礎・応用技術を探求する学科です。機械工学および航空宇宙工学の共通の基礎教育の後、専門教育として根幹となる学問分野(設計・製図、流体・熱・環境、材力・材料・加工、運動・振動、計測・制御、電気・電子、計算機・情報、生体)を、演習・実験・実習を交えつつ学べます。

講義の様子

学びの環境

最先端設備と強力な教育・研究体制

【施設・設備】 材料強度試験機、原子間力顕微鏡、超精密微細加工機、フェムト秒レーザー、走査型プローブ顕微鏡、3次元プリンター、風洞、ヒューマノイドロボット、3軸熱拡散測定装置、回転デトネーションエンジン、スパッタリング装置 【教育体制】大学院工学研究科機械システム工学専攻、航空宇宙工学専攻、ならびにマイクロ・ナノ機械理工学専攻に所属する教員が主体となって教育および研究指導にあたっています。 【研究体制】名古屋大学のある中京圏は、世界的に見ても機械・航空宇宙産業の集積地のため、個々の教員、研究グループあるいは本学科として、民間および公立研究機関と密接に連携しています。

自動運転機能付き一人乗りEV

将来への期待

国際社会でリーダーシップを
発揮する技術者へ

卒業後は、大学院(博士前期・後期課程)へ進学し、より高度な機械・航空宇宙工学の知識を習得し、また、それらを統合するための能力を涵養することが期待されています。大学院修了後は、民間企業(自動車・航空宇宙機・輸送用機械、化学・金属・セラミック、電気・電子・通信、機械・精密機械、エネルギー、情報・コンピュータ、流通・サービスなど)および官公庁・教育機関・研究機関などに就職しており、様々な分野での活躍が期待されています。

海外講師によるセミナー風景

Key Words

機械工学

機械工学は、皆さんに馴染みの深い自動車やロボットをはじめとして、医療・福祉機器、環境・エネルギー機器、マイクロ・ナノ機器などの設計・製造など、現代文明の基盤技術を支える学問です。伝統の上に新しい知識と技術を積み上げる学問、それが機械工学です。

ムカデ型ロボット

航空宇宙工学

飛行機の発明から約110年、人工衛星の初打上げから約60年、航空宇宙工学は、未踏技術の開発に挑戦する総合工学であり、その発展は人類の生活様式を変革してきました。そこで培われた技術は、航空宇宙機に限らず、自動車、高速車両などにも導入されています。

超小型衛星

研究室ピックアップ

 

マイクロ・ナノ機械科学講座
材料強度・評価学
巨研究室

マイクロ・ナノ機械科学講座
材料強度・評価学
巨研究室

ナノレベルの微小領域における力学、物性学に着目し、学際的アプローチにより材料、デバイス、構造物の健全性・信頼性評価、さらに微小材料、機能材料、知的材料の開発および評価に関する研究を推進しています。


閉じる

機械理工学講座
統計流体工学
酒井研究室

機械理工学講座
統計流体工学
酒井研究室

本研究グループでは、乱流による流動抵抗や拡散・混合・反応現象を数値計算と実験により解明するための教育・研究を行っています。また、生体流動現象、乱流騒音、金属電析の問題も研究しています。


閉じる

機械理工学講座
高温エネルギー変換工学
成瀬・義家研究室

機械理工学講座
高温エネルギー変換工学
成瀬・義家研究室

地球環境の持続性担保や安全・安心な地域環境を創成することを目的として、化石資源やバイオマスを含む廃棄物の環境調和型高効率エネルギー変換技術の開発と、その要素技術に関する研究を遂行しています。


閉じる

機械知能学講座
安全・知能学
山田研究室

機械知能学講座
安全・知能学
山田研究室

「真に社会に役立つ人間支援機械系の研究開発」をモットーに、安全や知能化技術を体系的に積み上げていきます。社会人ドクター、留学生も多く、チーム一丸で多様なテーマに挑み、活発な議論を展開しています。


閉じる

機械知能学講座
ヒューマンシステム工学
水野研究室

機械知能学講座
ヒューマンシステム工学
水野研究室

自動車の衝突安全に関する研究を行っています。運転者や歩行者・自転車乗員を保護するため、衝突シミュレーションを実施し、その結果を安全評価方法の構築や車両構造、保護装置の改良・開発に反映しています。


閉じる
 
 

機械理工学講座
計算メカトロニクス
松本(敏)研究室

機械理工学講座
計算メカトロニクス
松本(敏)研究室

本研究室では、偏微分方程式の境界値問題の数値解析手法を利用した機械材料の最適設計(特にトポロジー最適化)ソフトウェアの開発及びその効率化、光学迷彩等の奇異な現象に関する数値解析等の研究を行っています。


閉じる

機械知能学講座
生体システム制御
宇野研究室

機械知能学講座
生体システム制御
宇野研究室

人間の身体運動の計測実験と解析を通じて脳の運動学習機能や制御メカニズムを解明するとともに、制御理論や最適化手法を用いてヒューマノイドや装着型歩行補助ロボットなどの研究を行っています。


閉じる

空力・推進講座
流体力学
長田・森研究室

空力・推進講座
流体力学
長田・森研究室

当研究グループでは、航空宇宙工学分野に関連する種々の流体力学問題に関して、風洞実験やスーパーコンピュータによる数値解析を駆使した基礎から応用に至る幅広い研究を行っています。


閉じる

飛行・制御講座
制御システム
原・椿野研究室

飛行・制御講座
制御システム
原・椿野研究室

航空機もロケットも惑星探査機も、制御なしではうまく飛べなければ着陸もできません。そのような航空宇宙に関わる制御の数理手法に基づく最先端の理論から将来ミッションを見据えた応用まで幅広く研究しています。


閉じる

構造・創製講座
構造力学
荒井研究室

構造・創製講座
構造力学
荒井研究室

本研究室では、CFRPの成形(VaRTM、テーププレースメントなど)、強度や疲労特性の評価、構造に知的応答機能を持たせようとするスマート構造の研究など、航空宇宙分野における新しい材料と構造の創成を目的とした研究を行っています。


閉じる
 

ここがスゴイ!

  • 極超音速燃焼を使った新ロケットの飛行

    衝撃波を含んだ極超音速燃焼(デトネーション)を使用すると、ポンプ・圧縮機なしでも高い推進力を得ることができます。極超音速燃焼を用いたデトネーションロケットエンジンの世界初の垂直飛行に成功しました。
    詳細(PCサイト)へ

  • ロボット搭載チップで細胞を測定

    “細胞1個の測定”を可能とするのが、MEMS技術によって作製したロボット統合型マイクロ流体チップ。マイクロ流路内を流れる細胞の反力を、力センサで測定することに成功しました。
    詳細(PCサイト)へ

  • 切替時補償で臨機応変な制御を可能にする

    状況や環境が変わると制御の目的も変わります。そこで、目的に応じた制御をするために,コントローラの切替を安全かつスムーズに行うための補償手法を提案しました。これによって臨機応変な制御が可能になります。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

意欲に応えてくれる最高の環境で、
実用化を見据えた自動車技術を研究。

陳 ヒョンテ

鈴木研究室(モビリティシステム)所属

学部1~3年次/韓国から日本に留学した兄の影響で自分も挑戦したいと考え、日本の大学について調べる中で出会ったのが、自動車関連の研究が盛んな名大でした。1年次には、自動車メーカーで高級車の開発チームを率いた技術者の話を聴ける、名大ならではの刺激的な講義も。専門科目の授業はレベルが高く、講義を受けるだけでなく主体的に努力を積み重ねる必要性を強く感じましたが、やりたい学びができる環境でもありました。韓国語講師のアルバイトのために、文学部の講義を受講したこともあります。

制御方法を考えてプログラムを作成し、電気自動車で実験。力学から電気・電子回路、ソフトウェアまで、幅広い知識を駆使します。

(左)制御方法を考えてプログラムを作成し、ドライブシミュレータで動作を確認したうえで実際の車両を使った実験を行います。
(右)友人づくりと日本語習得のため入部した居合道部。大会では入賞も果たしました。

学部4年次~大学院/運転者の行動を車載コンピュータで予測し、車両同士の通信により車間距離と相対速度を制御して安全な隊列走行を実現する、自動車の運転支援システムを研究しています。すでに企業では完全自動運転に向けた技術開発が進んでいますが、現実には人が運転するクルマはなくならないはず。知識面でも研究費の面でも手厚いサポートが受けられる最高の環境の中、修了後は博士課程でさらに研究を進め、大学発ベンチャー企業からこの技術を世の中に送り出すのが、今後の私の目標です。

大学院へGO!

機械システム工学専攻

機械工学のエキスパートを輩出

本専攻では、機械システムの多様化・高機能化・知能化および機械工学分野の細分化・専門化に対応すると同時に、これらを統合して新しい機械やシステムをまとめ上げることができる機械技術者を育成します。また、本専攻における教育を通じ、豊かな人間性と高い倫理観をもった人材を育成します。

細胞が基板に接着する際の形態変化

マイクロ・ナノ機械理工学専攻

地球と人間に優しい科学技術を目指す

本専攻では新機能性材料の創製、微細加工技術、計測技術、制御技術を基本とし、集積化、高度化、知能化した新しい機械システムを作り出すことを目指しています。そして、新たな技術開発のための問題を総合的に取り扱う、学際的素養をもつ指導的技術者、想像力豊かな研究者を養成することを目的としています。

マイクロマシン技術により作製したプローブ

航空宇宙工学専攻

未踏技術の開発に挑戦する高度先端総合工学

航空宇宙工学専攻では、高度の創造性、総合性を有し、国際的視野を持って指導的役割を担う技術者・研究者の養成を目指しています。空力・推進講座、構造・創製講座、飛行・制御講座の3つの大講座があり、航空機、ロケット、人工衛星などの新技術開発に関する教育・研究に取り組んでいます。

レーザー加熱による超音速抗力低減