名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

化学生命工学科

ナノバイオデバイス実験室 - Spherical Image - RICOH THETA

ナノバイオデバイス実験室

何が学べるか

確かな基礎化学に基づく俯瞰的応用力

化学は、物質の構造、性質、反応を扱う学問です。近年の科学技術の急速な発展に伴い、学問としての化学はその対象範囲を急速に拡大させています。革新的な材料を構成する新しい物質の開発のみならず、生命現象の分子レベルでの解明から生物の工学的応用に至るまで、豊かで健康な社会を永く維持・発展させていく上で、今後ますます重要性を増していくでしょう。本学科では、化学の基礎学問である物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、生化学などを体系的に学び基礎力を養ったうえで、合成化学、生命工学、材料化学、高分子化学などの学問を修め工学的な見地からの俯瞰的応用力を身につけます。

研究室配属前の学生実験

学びの環境

道を切り拓くたくましさ

「化学」の中身は多様です。化学生命工学科は基礎から応用まで、物理化学的(原子レベルの)アプローチ、複雑な分子の合成や機能解析から生物そのものを扱う研究までを幅広くカバーしており、皆さんの選択肢は多彩です。教員・先輩から聞く講義・体験談は迫力があり、3年生までに強く惹かれる分野がいくつもみつかることでしょう。4年生になると、あなたの希望に基づき研究室に配属され、卒業研究として世界最先端の化学に取り組む中で、自ら問題を発見し解決できる、より深化した展開力が身につきます。研究の創造性、厳しさ、楽しさを自ら体験して大きく成長してください。

化学生命工学科の学び

将来への期待

化学の力で未来社会を構築していく一員に!

学部卒業後はほとんどの学生が大学院修士課程に進学しています。化学に基づく総合力に加えて広い視野と新たな思考力をもつ人材として、卒業後は多くの民間企業(化学/材料、食品・医薬品、電気・エレクトロニクス、自動車関連など)や国・地方公共団体・大学等の研究職へ就職しています。化学やバイオの裾野が広がり、卒業生はあらゆる産業で活躍しています。社会に出て数年もたてば、プロジェクトをリードし後輩を指導する役割を任されるようになるでしょう。また、海外で技術指導・研究を行う卒業生も増えています。世界中で未来社会を築いていくのは私たち一人一人なのです。

研究成果の発表

Key Words

機能性分子の開発

現代社会では、有機ELや有機FETなどの機能性材料が重要な役割を担っています。豊かで持続可能な社会を目指し、明確で美しい構造を持つ有機分子の開拓を行っています。実験的と理論的アプローチを組み合わせた設計で、新しい材料の開発に挑んでいます。

機能性分子の発光の様子

バイオテクノロジー、ナノマテリアル

生命現象およびそこから作り出される様々な生体高分子は、我々に計り知れない可能性を示してくれます。この生命のメカニズムを謙虚に学んで利用しつつ、さらに天然材料を遥かに凌駕するような新規高機能ナノマテリアルと次世代型バイオテクノロジーを目指した研究を行っております。

miRNAと小胞体の蛍光イメージング

研究室ピックアップ

 

高分子化学講座
超分子・高分子化学
八島研究室

高分子化学講座
超分子・高分子化学
八島研究室

「らせんを究める」を合い言葉に、らせんの形をした分子や高分子を、生体の助けを借りずに化学の力で作っています。私たちが作ったらせんには、思いもよらない驚くべき働きや性質があります。


閉じる

有機化学講座
触媒有機合成学
石原研究室

有機化学講座
触媒有機合成学
石原研究室

新薬・新素材の探索、あるいは望む物質を大量生産するには卓越した合成技術が必要です。その鍵となるのが触媒です。当研究室では、酸塩基複合化学を基盤に酵素を凌駕する機能触媒(人工酵素)の創製を目指します。


閉じる

応用物理化学講座
材料設計化学
鳥本研究室

応用物理化学講座
材料設計化学
鳥本研究室

金属や半導体の形状を数ナノメートルで精密に制御して、光や電子の流れを自在に制御できる新しい機能性材料を作製しています。これにより発光特性、光エネルギー変換効率、触媒活性の飛躍的な向上を目指します。


閉じる

分子生命化学講座
生体分子応用化学
村上研究室

分子生命化学講座
生体分子応用化学
村上研究室

化学的な方法で生物が持つ翻訳系の遺伝暗号を改変し、DNAを鋳型として薬の候補を合成する技術を開発しています。本研究室では、化学と生物学の境界領域において、新しい技術を創り出す研究を行っています。


閉じる

生命システム工学講座
生物化学工学
本多研究室

生命システム工学講座
生物化学工学
本多研究室

細胞や生体分子の複雑な生物反応プロセスを工学的に解析し、医療や工業への応用を目指しています。ペプチド医薬の開発や癌細胞の薬剤感受性の解析、筋肉の組織を再構築して筋萎縮の機構を調べたりしています。


閉じる
 
 

高分子化学講座
機能高分子化学
上垣外研究室

高分子化学講座
機能高分子化学
上垣外研究室

合成高分子はプラスチック、ゴム、繊維などとして身のまわりにあふれています。きれいな構造の高分子をつくるための反応開発と、植物から得られる化合物を原料とした新しい高分子合成の研究を行っています。


閉じる

有機化学講座
有機反応化学
大井研究室

有機化学講座
有機反応化学
大井研究室

分子の形を設計し、その性質を正しく理解すれば、様々な機能を引き出すことが可能です。私たちは、化学反応を制御する分子や、動植物の生産性や体内時計といった生命現象を操る分子の開発を行っています。


閉じる

応用物理化学講座
理論・計算化学
岡崎研究室

応用物理化学講座
理論・計算化学
岡崎研究室

ビーカーやフラスコではなくスーパーコンピュータを使って物理化学の研究を進めています。計算科学は実験からは見えない分子ひとつひとつの動きや分子の集団構造などを明らかにすることが出来ます。


閉じる

固体化学講座
構造機能化学
松田研究室

固体化学講座
構造機能化学
松田研究室

無機・錯体化学を基盤に新しい機能性ナノ空間材料の研究・開発を行っています。多様なエレメントと分子の無限の組み合わせを創造し、誰も知らないナノ空間の世界を化学的に開拓しています。


閉じる

生命システム工学講座
構造生物工学(シンクロトロン)
渡邉研究室

生命システム工学講座
構造生物工学(シンクロトロン)
渡邉研究室

生命活動はタンパク質が支えています。結晶構造解析法と小角散乱法というX線の回折を用いた構造解析法を駆使して、さまざまなタンパク質の構造と機能の関係の解明と、それを活かす応用研究を目指しています。


閉じる
 

ここがスゴイ!

  • セラミックス表面に広がるカーボン原子膜のふしぎ

    炭化物の熱分解により、表面に生まれたカーボン原子は、硬いセラミックス表面に整然と配列し、美しく、強くてしなやかな原子膜やナノチューブ膜を形成します。また、膜内を流れる電子は驚異的な振る舞いを示します。
    詳細(PCサイト)へ

  • 光を用いた新しい液晶技術をつくる

    液晶物質はディスプレイに用いられ、私たちの生活に欠かせません。液晶の分子をいかに並べるかが技術の鍵です。私たちは光を用いて分子を並べる新しい方法を提案しており、将来の液晶技術をめざして研究を進めています。
    詳細(PCサイト)へ

  • 微生物ナノファイバーでバイオ産業に革命を

    微生物を使った物質生産では、生成物から微生物を除くのに手間がかかります。発見された微生物ナノファイバーは、高い接着性で微生物を反応容器に固定するため、分離操作不要の革命的なバイオプロセスを実現します。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

「まずやってみよう」と果敢な先生の下、
高校時代からめざした研究に熱中。

永井 詩織

薩摩研究室(無機反応化学)所属

学部1~3年次/高校時代、化学反応を工業的に利用するために欠かせない触媒に関心を持ち、学べる先を探して見つけたのが名大。親からお金借りて茨城から一人でオープンキャンパスに来ました。1~2年次の授業は、その後の研究の基礎となる分析化学系が中心でしたが、モノの性質を原理から理解できたおかげで、有機化学など幅広い分野を興味深く学べるように。また、格段に授業の難易度が高くなる中、友人たちと図書館に集まり、「なぜこうなるんだろう?」を一緒に考え、刺激し合いながら学ぶ楽しさも味わいました。

排ガスと同じ成分のガスを触媒に当てて、赤外線分光法で反応を観察します。

触媒が安価になれば、自動車自体も低価格に。新興国での自動車普及に貢献できる可能性を秘めた研究です。

学部4年次~大学院/私が研究しているのは、自動車の排ガス浄化用の触媒です。プラチナなどのレアメタルに替わる、鉄やニッケルといった身近で安価な材料から成る触媒を開発しています。化学反応の観察方法を考え、実験結果から原因を解明するのは簡単ではありませんが、前進したときの喜びも格別です。「まずやってみよう」と失敗を厭わず試させてくださる先生の下、充実した実験設備を使って研究を進められる名大は、入学前に感じた以上に自由闊達。数々のノーベル賞は、こんな学風から生まれた気がします。

大学院へGO!

有機・高分子化学専攻

ナノからマクロスケールの有機化合物の化学

私たちの生活は、医薬や有機電子材料、繊維など機能を持った有機化合物に支えられています。本専攻では、小分子から巨大分子(高分子・超分子)まで全ての有機化合物の物性・合成と応用に関する高度な専門知識が身につきます。広範な分野の世界最先端研究を通して、社会で活躍できる研究者を育成します。

実験の様子

応用物質化学専攻

持続型社会を支える材料・物質の創製と応用

原子・分子レベルでの物質制御に基づき、持続可能な社会を支える新物質を生み出し応用展開する学問領域を担います。固体化学や物理化学に関わる深い知識を涵養する専門教育と、化学の視点から物質の成り立ちを解明し革新材料の創製につなげる研究を行います。新たな研究フロンティアを拓く研究者を育成します。

生命分子工学専攻

いのちの働きを工学する

生命現象を分子レベルで解析・理解すると共に、その機能を人工的に再構築して幅広く利用することをめざしています。バイオテクノロジーの開発や生物機能を抽出・デザインする技術によって、「いのち」の精緻な働きを工学的に利用していく道を拓きます。基礎と応用を有機的につなぐ研究者を育成します。

誕生した遺伝子導入ニワトリ