受験生の方へ

特色・教育体制

アドミッションポリシー

<入学者受入れの方針>
自然科学に対する強い興味と、人間や社会に対する幅広い関心をもち、
工学を学ぶための基礎学力と素養をもった意欲のある人を求めています。

学部教育の理念

工学部では、基礎学力・専門知識の教育にとどまらず、社会・文化の発展を見極め、広く工学の手法を応用できるように、工学全般にわたっての知識修得に留意しています。

学部の教育目標
工学を拓くための学力および資質・能力を備え、 科学に対する強い興味をもとに社会に貢献する人の育成
学部教育・基本方針
  1. 科学的な基礎知識と工学基礎を充実させます。
  2. 人文・社会科学等の関連する学問分野についての幅広い視野を確立させます。
  3. 基礎知識を柔軟に適用する豊かな応用力を養成します。
  4. 将来の創造性につながる基礎学力と技術・研究のあり方に対する基本的な素養を養成します。
  5. 十分な基礎知識を教授した後、多様な専門分野の選択肢を提供し、必要な専門性を養います(Late Specialization)。

名古屋大学 教育の基本方針(入学者受入の方針、教育課程編成・実施の方針、学位授与の方針)

四年間一貫教育

1年次から基礎科目や教養科目と並行して専門の科目を履修することになります。

四年間一貫教育

上記のように、科目の適正な学年配分が行われ、卒業に必要な単位がバランスよく取得できるようになっています。