受験生の方へ

特色・教育体制

アドミッションポリシー

博士前期課程(修士課程)
<入学者受入れの方針>
高度な専門力や総合力の修得に必要な基礎学力をもち、最先端の工学を探究・実践する意欲のある人を求めます。
<選抜の基本方針>
入学者受入れの方針にしたがって、各専攻において、語学力を含む基礎学力、専門知識の審査に加え、口頭試問による工学への探究心と意欲の審査を行い、総合的に評価し、選抜します。
博士後期課程(博士課程)
<入学者受入れの方針>
博士前期課程修了者と同等以上の基礎学力、専門知識を有し、より高度な工学を探求し、新たな価値を創造することに意欲のある人を求めます。
<選抜の基本方針>
入学者受入れの方針にしたがって、各専攻において、語学力を含む基礎学力、専門知識の審査に加え、口頭試問による博士後期課程での研究内容・実施計画の審査を行い、総合的に評価し、選抜します。

本研究科の特色

 名古屋大学大学院工学研究科では、他に例をみない、Late specialization に対応した3+3+3型教育システムを導入しました。
 大学院では、総合工学科目を充実させ、総合力、俯瞰力ならびに創造力を養います。
 博士後期課程では、多様なバックグラウンドの学生を受け入れ、最先端の高度な研究に従事し、イノベーティブマインドを養成します。

本研究科の特色

基本理念

大学院教育の基本方針
発展しつつある工学を修得し,工学的手法を駆使して,目標を効果的に達成するプロジェクトリーダーとして能力のある人材の育成
教育目標
  1. 博士前期課程
    次世代の「工学・技術」を創造・牽引する能力を有し、専門性と同時に総合性と、国際的な視野を併せもった、研究者・技術者を育てます。
  2. 博士後期課程
    次世代の「工学・技術」を創造・牽引する能力を有し、豊かな専門性と同時に高度な総合性と、広い国際的な視野を併せもった、研究者・技術者を育てます。

名古屋大学 教育の基本方針(入学者受入の方針、教育課程編成・実施の方針、学位授与の方針)