国際交流

国際交流について

 世界に開かれた国際的研究拠点を目指している工学部・工学研究科では、海外の多くの大学・研究機関と交流協定を結び、研究交流や学生交流を始めとする幅 広い学術交流を行っています。また、世界中から400名を超える留学生を受け入れ、国際社会に開かれた大学としての役割を担っています。

 工学部・工学研究科では、国際交流のあり方や組織運営を審議する学生支援・国際交流委員会と国際交流室とが連携して、留学生教育や留学生支援、日本人学生の海外派遣や短期留学に対する支援を行なっています。

 さらに、工学部・工学研究科では、独自の取り組みとして、「国際協働教育プログラム (JUACEP) 」や自動車工学の先端技術と課題をテーマとした英語による「名古屋大学夏期集中講座 (NUSIP) 」を実施しています。その他にも、土木工学専攻では環境学研究科と共同で「アジアと日本の共発展を目指す環境土木工学人材育成プログラム」を実施するなど、種々の国際的な教育・研究活動を推進しています。

工学研究科 国際交流室

 国際交流室では、留学生の勉学上、生活上の相談やその支援、日本人学生の海外協定校への留学支援などを行うと共に、留学生や留学に関わる種々の情報提供やセミナーを開催しています。

留学体験記

 交換留学制度を利用し、海外の大学に留学した先輩の声を紹介しています。

工学研究科 国際交流室
留学体験記