工学部・工学研究科

電気電子情報工学科 Electrical Engineering, Electronics, and Information Engineering

窒化物半導体プロセス開発クリーンブース

何が学べるか

 電気に関わる幅広い技術分野を学ぼう!

電気電子情報工学科では、私たちの生活を支える電気に関わる幅広い技術分野の教育・研究を行っています。具体的には、エネルギー・環境、発送電、電力機器・システム、ナノテクノロジー、先端エレクトロニクス、デバイス、コンピュータ、通信、情報システムなどの各分野を基礎から学びます。1~2年生では各分野に共通的・基礎的な科目の座学と演習で電気に関する基礎学力を修得し、3年生では各分野の専門科目と実験で工学的素養と広い視野を身につけ、4年生では研究室の教員や先輩の指導の下で卒業研究に取り組み、誰もやったことがない、解けるかどうかもわからないテーマに挑戦します。

超伝導マグネットに向けた超伝導線作製装置

学びの環境

 世界最先端の研究環境で学ぼう!

青色発光ダイオードの発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞された天野浩先生の研究室をはじめとして、電気電子情報工学科には30以上の研究室があります。電気電子情報工学科は、学内の未来材料・システム研究所、宇宙地球環境研究所、プラズマナノ工学研究センターや、学外の核融合科学研究所や海外の研究機関と連携しています。さらに、国家プロジェクトや国内外の企業との共同研究を通じて、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する世界最先端の研究環境を整え、広い社会的視野と国際的視野を備えたリーダーシップを発揮できる人材を育成しています。

作製した集積型光電子融合デバイス

将来への期待

 多種多様な業界&国内外で活躍しよう!

電気電子情報工学科を卒業した学生の約90%は大学院(工学研究科博士課程前期課程)に進学し、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する高度な専門知識の修得と総合力・応用力を養成します。また、大学院(工学研究科博士課程前期課程)を修了した学生は、さらに大学院(同後期課程)に進学して博士(工学)の学位取得を目指す他、電気・電子・通信機器、自動車、機械・造船、通信・放送、電力・ガス、鉄道・運輸、精密機器など、多種多様な業界に就職しています。最近では、毎年500社以上の企業から求人があり、約70社の企業に就職し、技術者・研究者として国内外で活躍しています。

教育支援ロボットとの協調学習の様子

Key Words

 化合物パワー半導体応用

現在、技術の進化により大幅な低損失化が可能な窒化ガリウムや炭化ケイ素といった化合物パワー半導体が作成可能となっています。本学科では、パワー半導体からその応用技術までの研究を行いながら、将来の次世代電気自動車やハイブリッド航空機への応用を目指しています。

超高効率インバータとオリジナル電気自動車

 ウェアラブルデバイス

人体に貼り付けられる「ウェアラブルデバイス」は人の健康維持や医療に革新をもたらします。本学科では人体と調和する柔軟なカーボンナノチューブ集積回路の基盤技術について先進的な研究を行うとともに、未来をリードする人材の育成を推進しています。

柔軟なカーボンナノチューブ集積回路