工学部・工学研究科

環境土木・建築学科関連専攻群

土木工学専攻
Civil and Environmental Engineering

質の高い社会インフラの形成を可能とする研究者・技術者の養成

土木工学専攻では、社会における土木工学・土木技術の重要性や環境に与える影響を考慮しながら、質の高い社会インフラの形成を導く学理・方法論を研究するとともに、先端的な専門知識と高い倫理観をもつ研究者・技術者を養成することを教育の目標としています。英語による授業や海外インターンシップ制度の充実した最先端土木工学研究プログラム・国際環境人材育成プログラムへの参加も可能で、留学生の割合も3割程度と他専攻に比べて多く、身近な地域から世界までを将来の活躍の場とする教育研究を推進しています。

土木工学専攻サイト

国際色豊かな教育・研究環境

環境学研究科・都市環境学専攻
Graduate School of Environmental Studies
Environmental Engineering and Architecture

建築・都市・地域における自然環境−人工環境−人間環境

都市環境学専攻では、生活の持続性向上のためのテクノロジーとコントロールシステム(持続性学)を模索しつつ、人の視点に立って、建築・都市・地域における自然環境-人工環境-人間環境の新たな関係(安全・安心学)を構築します。都市環境学専攻が所属する環境学研究科は、理学・工学・人文社会科学の3つの異なる領域が1つの研究科として結集した文理融合型の研究科であり、3つの専攻と2つのセンターが協働して幅広く重層的な教育研究を推進しています。

持続発展学系

持続可能な都市・地域・国土をつくり出す方法論の追求と実践

地球環境問題や高齢化など多くの課題を抱える人間社会。それを将来にわたって持続可能とするために、基盤となる都市・地域・国土のかたちやしくみを見直し、ICTや新素材等の先端技術をうまく活用できるようにすることが求められています。そのための方法論を研究するとともに、社会で実践できる人を育てます。

都市のあり方が人間社会の持続性を決める

建築学系

デザイン×工学の統合知で建築・都市を創造・再生

「用・強・美」の面から統合的に学問体系を構築し、建築や都市のデザイン、関連技術に関する教育研究を分野横断的かつ実践的に行っています。多分野の知識を取りまとめてデザインやマネジメントなどの実務へ反映させる能力や、市民や利用者の視点に立脚したボトムアップ型の問題解決力を有する人材の育成を目指しています。

環境学研究科・都市環境学専攻サイト