工学部
改組情報

情報工学コース

新しい時代を切り開く情報工学

情報工学コース 私たちが住む社会は今、高度情報化社会と呼ばれる新しい時代を迎えています。これまでの専門的な仕事にのみ使われていた計算機が、オフィス、工場、研究所、家庭などのあらゆる所に入り込んでいます。

 将来は人間の知的機能を計算機に肩代わりさせる人工知能システムの発達により、一層進んだ社会になると考えられています。本コースでは高度情報化社会、あるいはその後に来る人工知能システム応用の時代に対応して、情報処理・通信の分野において、優れた技術者と研究者を育てるための教育と研究が行われています。

 将来の日本を背負って立つ皆さんにとって、情報工学、情報科学は大きな夢を与え、育て、実現するための活躍の場を与えてくれます。明日の自分の可能性を求める皆さんにとって、情報工学、情報科学のより大きな発展に向けて挑戦してみようではありませんか。

メッセージ

教員から

教員写真 コンピュータが日常生活やビジネスシーンのあらゆるところに使われて、日用品のように使われるようになっています。50年以上前、コンピュータが出現したときに、研究者たちは、これで人工知能が実現できるだろうという壮大な夢を描きました。その夢は、着実に実現されつつあります。しかし、夢が実現すればするほど、さらに大きな夢が生まれ、とどまる所を知りません。
 名古屋大学工学部情報工学コースでは、世界最先端の研究を進める著名な教授陣が、皆さんの研究指導と教育に当たっています。ここで得た知識と経験は、皆さんが社会に出たときに大きな糧となります。皆さんの入学をお待ちしています。

先輩から

 情報工学コースでは、はじめに講義で情報工学の基礎を学びます。最初はコンピュータの扱い方やその動作原理についても学べるため、今までコンピュータをほとんど触ったことのない人でも安心して学習を進められます。私も大学に入学するまでPCを一切触ったことがありませんでしたが、今では自分のアイデアを実現し、その成果を多くの人に広めるためにコンピュータを十分に活用できるようになりました。そして、講義で学んだ知識を活用しながら卒業研究を行うことで、社会に貢献する技術を習得することができます。

他にもメッセージが「工学の道・データ編」に掲載されています。ご覧ください。資料請求はこちら

メッセージ

卒業生の主な就職先

<電力・ガス>東京電力、中部電力、関西電力、北陸電力、九州電力、東邦ガス
<自動車>トヨタ自動車、日産自動車、本田技研、デンソー、アイシン精機、トヨタ車体
<電気・電子・通信機器>日立製作所、シャープ、東芝、三菱電機、パナソニック、ソニー、三洋電機、富士通
<通信・放送>NTT、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、KDDI
<機械・造船>三菱重工業、川崎重工業、豊田自動織機、マキタ、ヤマハ
<精密機器>京セラミタ、ニコン、リコー
<ソフト>任天堂
<鉄道・運輸>JR東海、JR東日本、中部国際空港

ページの先頭へ
お問い合わせ   サイトマップ   名古屋大学トップへ
名古屋大学 工学部・工学研究科
〒464-8603 名古屋市千種区不老町
Copyright © 2012 Nagoya University. All rights reserved.
このホームページは名古屋大学 工学部・大学院工学研究科が管理しています。