受験生の方へ

受験生の方へ【ご挨拶】

名古屋大学 工学部長・工学研究科長 
水谷法美

学部長  「工学」は、科学を人や社会に役立つ技術へと展開する総合的な学問分野です。その対象は広く、化学、物理、材料、電気、機械、エネルギー、建築、土木など多岐にわたっています。産業革命以降、機械化は大きく進展し、ものづくりはめざましい進展を遂げ、それにともなって人々の生活も大きく様変わりしました。一方、現在に至るまでに地球環境問題や化石燃料や資源の大量消費と枯渇などの問題もクローズアップされています。また、工学の担う範囲は、従来の分野だけでなく、医療や創薬、エネルギーや環境、あるいは防災など、大きく広がってきています。最近では、人工知能の急速な高度化が、近い将来、人々の生活や社会構造を大きく変えようともしています。このような情勢の中で、より高いレベルで「工学」を修め、今後も世界のものづくりのリーダーとして皆さんに活躍していただきたいと願っています。本学で私たちと共に「工学」を学び、直面する課題に果敢に挑戦し、工学分野で「勇気ある知識人」として、人類・社会の将来の発展のために活躍して下さい。

  工学部では、基礎科目を重視し、現在の科学・技術の水準を理解し、創意改善しながら工学を応用する能力のある技術者・研究者の養成を教育目標として掲げています。そして、専門性と総合性を備えた人材育成をめざし、教育組織とカリキュラムを平成29年4月に再編成し、適切な年次で専門分野が選択できるよう、基礎教育に関して共通部分の多い分野を統合した7つの学科構成に再編しました。そして、安全教育、倫理教育、情報セキュリティ教育、知財教育の徹底のための導入教育を充実させるとともに、基礎を重視し、専門系初期の科目(創成型科目)を充実させた教育カリキュラムに変更し、総合力、創造力、俯瞰力を涵養します。そのような教育を経て、自分の進みたい専門を考え、卒業研究に着手するため研究室に配属され、研究課題を選定し、より専門的な知識を学んでいきます。そして、その過程で、知識を活用し、考え、未知の問題への解を導くための方法を見いだし、解を探求する力を身につけていただけると考えています。そのためには、数学や自然科学だけで無く文系総合科目や文系教養科目などもしっかり履修して、知識を知恵として活かせることを心がけて欲しいと考えています。名古屋大学では、総合大学として幅広い科目を用意して皆さんの意欲にこたえる環境を整えています。

  名古屋大学では、平成25年度に「研究大学強化促進事業」の支援対象機関に採択され、支援対象となった22機関のうち、トップ4に選ばれています。また平成26年度には文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」に申請した「21世紀、Sustainableな世界を構築するアジアのハブ大学」にも採択され、研究力強化および徹底した国際化と大学改革に取り組んでいます。名古屋大学も急速にグローバル化が進んでおり、100カ国以上から2,200名を超える留学生が学んでいます。英語のみで卒業・修了できるコースや大学院のカリキュラムも英語の講義が用意され、また、海外留学支援プログラムなども用意されています。このような環境を是非活用して、国内だけにとどまらず、グローバルに活躍できる研究者・技術者を目指してください。

  名古屋大学は門のない開かれたキャンパスが特徴です。緑あふれるキャンパスで、赤﨑先生や天野先生につづくすばらしい研究成果を皆さんと共に世界に向けて発信できることを楽しみにしています。