受験生の方へ

特色・教育体制

アドミッションポリシー

高度な専門力や総合力の習得に必要な基礎学力をもち、最先端の工学を探求、実践する意欲のある人材を受け入れる。

本研究科の特色

 名古屋大学大学院工学研究科では、工学の高度化と多様化に対応し得る大学院を実現し、大学院を教育・研究の中心とする組織に変更する大学院重点化を達成しました。そして、本研究科の基本理念に基づいて、今後の大学院修了者の質的充実及び量的拡大を図るため、「流動型大学院システム」を導入しています。

本研究科の特色

 「流動型大学院システム」は、学部講座をすべて大学院の講座に移行し、かつ、伝統的な学問分野の発展と強化・充実を図る「領域専攻群」、領域・学問体系を横断した新しい学際領域の研究を促進する「複合専攻群」、及び「領域専攻群」を強化し、かつ両専攻群間の有機的連携協力を図る「併担講座」(「領域専攻群」に設置し、「複合専攻群」の教員が担当する。)により構成されています。「領域専攻群」、「複合専攻群」及び「併担講座」を設置することにより、伝統的な学問分野を継承・発展させつつ、それに支えられた産業等の諸分野に常に新風を吹き込む人材を安定的に供給するとともに、こうした伝統的な学問分野に基礎を置きつつそれらを複合的に発展させる分野や将来において社会のニーズが極めて高くなる萌芽的分野を開拓し得る技術者・研究者を養成することが期待できます。

 さらに、「併担講座」を通じて「領域専攻群」の各専攻の内容を充実・強化するとともに、両専攻群間における教員及び学生の流動化を促進して研究科全体を活性化し、多様かつ柔軟な教育・研究システムを積極的に体系化することによって、高度の専門性と同時に総合力を有する人材育成を強力に推進します。

 このシステムを教育・研究の基幹組織としつつ,その周辺に戦略研究のための組織としてエコトピア科学研究所を始め多数の附属センター、研究所、施設等を構築してきました。一方、教育に関しては、大学院の創造性教育や社会人のリフレッシュ教育のための斬新な試みを実施してきたところです。

 以上の研究や教育には、産業界からの積極的な客員教授の派遣や財政支援を受けてきています。加えて、現在、研究成果を社会や市民にわかりやすく還元する媒体としてのメディアを応用した仕組みや、大学院学生に起業家精神を涵養する仕組みなど、本学独特の試みを行っており、世界でもユニークな工学の教育・研究機関の1つとなっています。

基本理念

21世紀に予測される技術社会の新しい展開に対応するため、大学院教育の目的を、基礎科学の知識の上に立ち、次世代の「工学・技術」を創造する能力を有し、豊かな専門性と同時に高度の総合性と、広い国際的な視野を併わせもった研究者・技術者の養成においています。

教育目標
  1. 博士課程(前期課程)
    「発展しつつある工学」を修得し、「工学的手法」を駆使して、目標を効果的に達成するプロジェクトリーダーとしての能力のある人材の養成を目標としています。
  2. 博士課程(後期課程)
    発展する社会の将来を展望し、「創造的に発展する工学」を創り出す能力のある人材の養成を目標としています。 特に、創造的「工学・技術」の担い手を養成します。後期課程の充実は社会の最も重要な要請であるとの認識に立って、その充実・強化に留意しています。