国際交流

工学研究科 国際交流室

 国際交流室(International Academic Exchange Office)は、留学生を主体にしながらも、外国人研究員および日本人学生を含めて気軽に利用できる、開放された真の国際交流の拠点となる空間を目指しています。

 国際交流室は留学生、日本人学生、外国人研究員が自由に利用でき、パソコン、AV機器、外国語新聞、雑誌等が設置されており、外国人と日本人の日常的な相互情報交流の場として、また日本人学生の海外留学情報の場としても開放されています。

 主査室はプライバシー確保のための相談室を兼ねており、留学生担当教員(3名)と留学生担当統括教員兼主査が交代で、研究から日常生活にわたる幅広い範囲の相談に応じています。

 また、国際交流室は国際交流情報の提供を目的 として、国際交流に関するセミナー、小講演会、国際交流関係の小パーティーを開催しています。

 国際交流室の運営に関する重要事項は学生支援・国際交流委員会で審議し、その他の事項は運営小委員会で審議して、学生支援・国際交流委員会に報告をする制度をとっています。

 運営小委員会は、国際交流室から室長兼学生支援・国際交流委員長を中心として、3名の留学生担当教員と留学生担当総括教員(主査)、若干名の学生支援・国際交流委員ならびに総務課と教務課の各1名の事務部職員により構成されています。

国際交流室は時間外の申請手続きをすれば午後8時まで使用することができます。