名古屋大学工学部 受験生応援スペシャルサイト

電気電子情報工学科

窒化物半導体プロセス開発クリーンブース - Spherical Image - RICOH THETA

窒化物半導体プロセス開発クリーンブース

何が学べるか

電気に関わる幅広い技術分野を学ぼう!

電気電子情報工学科では、私たちの生活を支える電気に関わる幅広い技術分野の教育・研究を行っています。具体的には、エネルギー・環境、発送電、電力機器・システム、ナノテクノロジー、先端エレクトロニクス、デバイス、コンピュータ、通信、情報システムなどの各分野を基礎から学びます。1~2年生では各分野に共通的・基礎的な科目の座学と演習で電気に関する基礎学力を修得し、3年生では各分野の専門科目と実験で工学的素養と広い視野を身につけ、4年生では研究室の教員や先輩の指導の下で卒業研究に取り組み、誰もやったことがない、解けるかどうかもわからないテーマに挑戦します。

800kV雷インパルス電圧発生装置

学びの環境

世界最先端の研究環境で学ぼう!

青色発光ダイオードの発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞された天野浩先生の研究室をはじめとして、電気電子情報工学科には30以上の研究室があります。電気電子情報工学科は、学内の未来材料・システム研究所、宇宙地球環境研究所、プラズマナノ工学研究センターや、学外の核融合科学研究所や海外の研究機関と連携しています。さらに、国家プロジェクトや国内外の企業との共同研究を通じて、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する世界最先端の研究環境を整え、広い社会的視野と国際的視野を備えたリーダーシップを発揮できる人材を育成しています。

巨大磁気抵抗効果によるマイクロ磁気センサ

将来への期待

多種多様な業界&国内外で活躍しよう!

電気電子情報工学科を卒業した学生の約90%は大学院(工学研究科博士課程前期課程)に進学し、電気工学、電子工学、情報・通信工学の各分野に関する高度な専門知識の修得と総合力・応用力を養成します。また、大学院(工学研究科博士課程前期課程)を修了した学生は、さらに大学院(同後期課程)に進学して博士(工学)の学位取得を目指す他、電気・電子・通信機器、自動車、機械・造船、通信・放送、電力・ガス、鉄道・運輸、精密機器など、多種多様な業界に就職しています。最近では、毎年500社以上の企業から求人があり、約70社の企業に就職し、技術者・研究者として国内外で活躍しています。

独自のプログラムで走行可能な電気自動車

Key Words

先進プロセスプラズマ

現代社会を支えるさまざまな”ものづくり”において、プラズマは重要な役割を果たしています。本学科ではプラズマ応用技術において世界をリードする研究を進めており、先進プラズマ装置や加工技術の開発・プラズマの新しい応用領域の開拓をおこなっています。

メートルサイズ大面積プラズマ装置

自由視点映像技術

自由に視点を変えながら視聴できる「自由視点映像」。将来の放送・通信における中核技術として期待が高まっています。本学科では、将来の電気、電子、情報・通信産業の基盤となる先進的技術の研究と、来るべき情報化社会をリードできる人材の育成を目指しています。

自由視点映像100眼カメラシステム

研究室ピックアップ

 

電気エネルギー講座
電気エネルギー変換工学
横水研究室

電気エネルギー講座
電気エネルギー変換工学
横水研究室

本研究室は、電気エネルギー分野における機器・システムの高性能化研究・特性解明を行っています。大電流スイッチング技術、次世代の機器・診断法の考案、交流・直流給配電システムの運用開発を進めています。


閉じる

先端エネルギー講座
プラズマエネルギー工学
大野(哲)研究室

先端エネルギー講座
プラズマエネルギー工学
大野(哲)研究室

核融合炉内の材料近傍のプラズマの振る舞いに加えて、プラズマと材料の相互作用、さらにプラズマを用いた機能性ナノ材料の創成等、プラズマ・核融合に関する研究を幅広く扱っています。


閉じる

宇宙電磁環境工学講座
宇宙情報処理
町田研究室

宇宙電磁環境工学講座
宇宙情報処理
町田研究室

人類の活動領域になりつつある地球近傍の宇宙の環境、すなわち太陽とジオスペースの構造やダイナミクスを、衛星観測の大規模データ解析、スーパーコンピュータによる先進的な数値実験等を用いて研究しています。


閉じる

情報デバイス工学講座
機能集積デバイス
宮崎研究室

情報デバイス工学講座
機能集積デバイス
宮崎研究室

エレクトロニクスの発展を支える半導体技術の高度化に貢献するために、材料科学からプロセス・デバイス化技術に亘る横断的な研究を推進し、集積型光電子融合デバイスや次世代メモリの開発に取り組んでいます。


閉じる

量子システム工学講座
量子光エレクトロニクス
西澤研究室

量子システム工学講座
量子光エレクトロニクス
西澤研究室

科学から産業・医療まで幅広い分野で活用されているレーザー・光計測技術。我々は、高機能な新しいレーザー光源の開発と、光断層計測などの先端光計測技術、そして新しい光制御技術等の研究を行っています。


閉じる
 
 

ナノエレクトロニクス講座
ナノ電子物性
五十嵐研究室

ナノエレクトロニクス講座
ナノ電子物性
五十嵐研究室

半導体ナノテクノロジーは、高度情報社会や持続可能社会実現の中核技術です。先端電子顕微鏡法などを駆使して、ナノスケール空間での物理現象を解明し、デバイス物理・材料科学の新領域を開拓しています。


閉じる

ナノエレクトロニクス講座
ナノ電子デバイス
大野(雄)研究室

ナノエレクトロニクス講座
ナノ電子デバイス
大野(雄)研究室

炭素の時代へ。カーボンナノチューブなどの新しい炭素材料の優れた特性を活かし、自在に形が変わるスマホやタトゥーのように直接身に着けられる医療電子デバイスなどの創出に繋がる科学・技術を研究しています。


閉じる

情報通信講座
無線通信システム
片山研究室

情報通信講座
無線通信システム
片山研究室

無線通信システムに関する研究を行っています。無線LAN、携帯電話、衛星通信といった一般的な通信だけでなく、環境保全、農業、工場、流通、交通等での計測・制御を含む幅広い応用分野をカバーしています。


閉じる

情報システム講座
インテリジェントシステム
佐藤(理)研究室

情報システム講座
インテリジェントシステム
佐藤(理)研究室

大学入試問題の自動解答を目指す「ロボットは東大に入れるか」や、小説の自動生成を目指す「きまぐれ人工知能プロジェクト」に主要メンバーとして参加し、人工知能と自然言語処理の研究を行っています。


閉じる

情報システム講座
コンピュテーショナル・インテリジェンス
古橋研究室

情報システム講座
コンピュテーショナル・インテリジェンス
古橋研究室

学習者の学習を支援する教育支援ロボット、対話システム、テキスト解析、脳情報処理、進化計算など、人間と共生・共存できるシステムやロボットの実現を目指した人間共生システムに関する研究を行っています。


閉じる
 

ここがスゴイ!

  • 高度情報化社会の進展を支える

    膨大なサーバを収容し情報を処理する、高度情報化社会の要となるデータセンター。その神経網となるネットワークを光処理に切り替え、通信容量を飛躍的に増大させる超大規模光スイッチを世界で初めて実証しました。
    詳細(PCサイト)へ

  • 宇宙に興味がある方へ

    宇宙関係の企業や研究機関でグローバルにリーダーシップが取れる人材を育てる「フロンティア宇宙開拓リーダー養成プログラム」が実施されており、宇宙開発に関する講義や、人工衛星の企画立案・開発に参加できます。
    詳細(PCサイト)へ

  • プラズマを用いた革新的医療の研究

    世界最高密度の低温大気圧プラズマ装置を開発し、卵巣がん細胞の選択的な死滅が誘起できることを発見。医科学者や生物学者との医工連携により、メカニズムの解明や悪性脳腫瘍、皮膚がんの治療、再生医療へ応用中。
    詳細(PCサイト)へ

わたしの6年間

自分の研究が、学会で高く評価される。
入学前には想像もしなかった未来。

蒲 晃平

中里研究室(知能デバイス)所属

学部1~3年次/名大に入学して強く感じたのは、学生の意志が尊重される風土です。選択科目は自由度が高く、興味ある分野を集中的に学べるほか、自分でテーマを決めて行う正解のない実験もあります。そんな中で電気からプログラミングまで広く学び、特に関心を持ったのが、微小な面積の中に100億個超もの素子が搭載された半導体集積回路。中でも現在の研究室で行っている、医療分野への応用というテーマに、「好きな理系科目の知識を世の中で役立てたい」と考え工学部を選んだ私は、強く惹かれました。

回路設計から検出プログラムの作成まで、すべて自分で行います。

病院や空港での短時間での細菌検査を可能とするこの研究は、電子情報通信学会で優秀ポスター賞を受賞!

学部4年次~大学院/研究室では、「細菌を検出できる半導体集積回路」を研究しています。約1cm四方の集積回路のチップ上に検体を置き、薬品を加えて化学反応が起きる際の電流から、細菌の種類と数を特定するのですが、その回路の考案・設計から試作品のチップを使った測定・評価までを行います。自ら希望して国内と米国の学会で発表を行い、なんと賞もいただきました。やりたいことを主張すれば機会と助言を惜しまず与えてくれる先生の下、入学当時は想像もつかなかった経験をしています。

大学院へGO!

電気工学専攻

社会活動の共通基盤である電気エネルギー

東日本大震災以降、社会活動の共通基盤である電気エネルギーの重要性が再認識されています。当専攻では、電気エネルギーの発生・輸送・利用に関する高い信頼性と品質、優れた経済性、高効率化および地球環境との調和に向けて、材料創製、機器設計、システム運用のための基礎研究と応用技術開発を行っています。

超伝導マグネットに向けた超伝導線作製装置

電子工学専攻

人と技術の調和の実現や省エネ社会の構築

電子工学は、情報通信、医療、農業等の様々な分野において現代社会を支えています。当専攻では、人と技術の調和の実現や省エネ社会の構築に向けて、新機能デバイスや超低消費電力デバイス、それらを実現するためのプラズマナノプロセス、生体情報などを高感度に検出するセンサ技術などの研究を行っています。

世界最高輝度のテラヘルツ波発生装置

情報・通信工学専攻

豊かで地球・人に優しい社会に貢献する技術

将来の情報通信技術、それを用いて生成・蓄積される膨大なデータを活用し、豊かで地球・人にやさしい社会に貢献する情報システム技術の構築に向けて、コンピュータアーキテクチャやインテリジェントシステム、無線通信、光通信ネットワーク、映像信号処理やその伝送、各種機器の制御などの研究を行っています。

大規模データ(人流、交通)の分析と可視化