工学部・工学研究科

物理工学科 Physical Science and Engineering

スピン偏極パルス透過電子顕微鏡実験室

何が学べるか

 物理に立脚した工学の創造

物理工学と聞くと皆さんはどのような学問を想像されるでしょうか?名前の上では物理学と工学が融合した学問と思えますが、それほど単純ではありません。現代において、科学と技術は不可分の関係にあります。科学上の発見がただちに技術へ応用され、工業技術への目的を持った研究が科学の発展に重要な貢献をしています。 このような科学技術に応えるために、1962年に応用物理学分野の前身である応用物理学専攻が名古屋大学に設けられました。さらに2017年4月の工学部改組により、新しい物理工学科が生まれました。物理工学科では物理学と数理科学を基盤とした「基礎と応用にまたがる学問分野」を対象とした教育・研究を行います。

物理工学科の概念図

学びの環境

 物理の基礎と先端技術が身につく

物理学は、数学と並び、科学と技術の基礎となっています。本学科では数学と力学、電磁気学、量子力学に代表される物理学の基礎を、講義と演習でしっかり学べるカリキュラムを用意しています。4年次には、各研究室で教員から少人数で直接指導を受け、卒業研究を自らの計画のもとに行います。この過程で知識や技術に加え、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も磨かれます。大学院へ進学すれば、応用物理や物質科学の最先端の研究を経験することでさらに高度な研究能力が身につきます。

セミナーでの議論の様子

将来への期待

 卒業生は幅広い分野での活躍が期待されます

物理工学科卒業生は、分野を問わず幅広く活躍しています。多くの学部卒業生は、さらに高度な研究能力の獲得を目指して大学院博士課程前期課程、いわゆる修士課程に進学します。学部、修士の卒業生は自動車、機械、電気電子、通信、化学など、幅広い分野に就職しています。卒業生の活躍を反映して各社から毎年多数の求人があります。修士課程修了後、毎年一定数は博士課程に進学します。博士課程卒業生は名古屋大学を始め、東京大学、京都大学、慶応大学など全国の大学の教員となっている他、理化学研究所などの公設研究機関や民間企業の研究員にも採用されています。

Key Words

 電解質を用いた発光素子

竹延研究室(量子物性工学)では、電解質を用いた新しい発光素子を発明しました。電解質とは、塩水のように溶媒中に溶解したイオンを指します。半導体に電解質を印刷するだけで、柔軟性や伸縮性を持つ発光素子やレーザーができるかもしれません。

電解質を用いた新しい発光素子

 鉄系超伝導体薄膜

生田研究室(電子機能材料)では、世界で初めて鉄系超伝導体P-doped BaFe2As2のエピタキシャル薄膜の作製に成功し、10 MA/cm2を超える高い臨界電流密度を有することを見出しました。

分子線エピタキシー法で高品位薄膜を作製