工学部・工学研究科

マテリアル工学科 Materials Science and Engineering

物質プロセス実験室

何が学べるか

 物理・化学を基盤として工学を俯瞰する学問

「マテリアル」という大きなテーマのもと「何をつくるか(デザイン)」、「どのようにつくるか(プロセス)」、「いかにして社会に送り出すか(システム)」を考え、教育・研究を行うのが「マテリアル工学科」です。これまでの「材料工学分野」と「化学工学分野」を融合させることで、物質・素材・材料の開発から、地球環境に調和した原料から社会実装までを、ダイナミックな「ものづくり」として革新していきます。
物理・化学のエッセンス、材料工学・化学工学の専門知識を習得し、次世代における「ものつくり」のフロンティアを開拓していく第一線の人材育成を行います。

マテリアル工学科の研究・教育の理念

学びの環境

 分野融合領域の研究者と先端研究設備の充実

「マテリアル」を取り扱うためには物理からのアプローチと化学からのアプローチの融合が必要です。物理・化学をベースとした研究者、ビックデータや理論計算をベースとし情報工学を取り込んだ研究者、シンクロトロン光大型設備などを用いた先端計測分野の研究者などが集い、様々な観点からマテリアルを俯瞰できる学びの環境が用意されています。専門性を有し、マテリアルが有する多様性を理解できる知識を“自由自在に使える武器”として学ぶ、このためのカリキュラムが設定されています。学びながら、自身の専門分野を見つけていくことができる、従来の学問体系にとらわれない将来像を描くことができます。

進化する未来へ、多様な素材を地球にやさしく

将来への期待

 すべての産業を支えるマテリアル工学

「マテリアル」、これは社会に貢献し得る学問であると私たちは考えます。社会をより豊かに、安心して、永続的に発展させていくためには、研究で培った英知を具体的な“もの”として、世に送り出すことが必要です。「マテリアル」はすべての産業を支え、そして、社会を豊かに進展させてきました。関連産業が多岐にわたる材料工学分野と化学工学分野が融合したことにより、機械、自動車、重工業、電気・電子機器、情報、医療、食品、資源、エネルギーなど、その将来性が飛躍的に広がりました。工学を俯瞰できる多様性を身につけること、これは将来への可能性を大きく広げます。

マテリアル工学が活躍する社会

Key Words

 環境エネルギーの未来を拓く

マテリアル工学に基づいた新しいエネルギー材料の創製、高容量エネルギー貯蓄技術、エネルギー消費高効率化などの技術革新だけでなく、環境に優しい廃棄物の再資源化、生体材料の開発などを通して、地球環境と共生する循環型社会の実現を目指します。

微細藻類をバイオ燃料に変換する研究

 スマートなものづくり

医療福祉やIT機器などの日常製品から、衛星や航空機などの最先端機器、それらの製造・変換プロセスに至るまで、文明を支える「ものづくり」をスマート化します。設計データを入力し、複雑形状金属部品を製造する3Dプリンタ技術は未来の「ものづくり」のひとつです。

3Dプリンタによる複雑形状金属部品の作製