工学部・工学研究科

環境土木・建築学科 Civil Engineering and Architecture

三次元高潮津波シミュレーションシステム

何が学べるか

 良好な社会環境を創造するための工学

土木工学は自然環境に対して社会インフラを建設する工学として、一方、建築学は人間生活を収容する人工環境を建設する工学として、それぞれ個別に発展してきました。しかし、両者は良好な社会環境を創造するための工学であり、近年は両者が共同で行う事業が増えています。本学科では、暮らしをより安全・安心で快適にし、自然と調和した社会を築くための基盤について、計画から設計・施工、維持管理、環境との調和のすべてを扱う環境土木工学と、人間の様々な生活行為を含む空間を創造する総合学であり、美しい建築・都市デザイン、安全・安心な構造、快適な環境づくりなどを扱う建築学を学ぶことができます。

自動運転車の走行実験

国際合同学生建築・都市ワークショップ

学びの環境

 実験施設など充実した環境での教育・研究

環境土木・建築学科では、他の学科と違い2年生から環境土木工学プログラムと建築学プログラムに分かれ、それぞれのプログラムでの教育・研究が行われます。環境土木工学プログラムでは、構造・材料、水工、地盤、計画、環境、国土デザインの6つの分野を基礎に、建築学プログラムでは、建築および都市における計画・デザイン、環境・設備、構造・材料・生産技術の3つの分野を基礎に、実験施設など充実した環境の中、教員の連携のもと手厚い指導による教育・研究が行われています。また、環境土木工学プログラム・建築学プログラムともに、JABEE認定を受けていることも特徴として挙げられます。

河川環境調査の様子

将来への期待

 幅広い分野にわたる就職先

環境土木・建築学科の卒業生は8割以上が大学院へ進学します。本学科の上に位置する大学院専攻には、工学研究科土木工学専攻と環境学研究科都市環境学専攻(空間環境学コース、建築学コース)の2専攻があります。大学院博士前期課程修了後は、専門性を含めた活躍を志し後期課程に進学する学生や、社会ですぐに活躍する学生がいます。卒業生は、大学等の研究・教育機関、土木・建築関連の民間企業や行政機関、国際機関など国内外のさまざまな分野において、本学科で修得した高度な専門知識と広い視野、そして豊かな想像力 や応用力をもった技術者として活躍しています。

げんさいカフェ

Key Words

 社会インフラ

本学科では、道路、鉄道、空港、港湾、ライフライン、防災構造物などの社会インフラに関する総合学問を学びます。社会インフラは、生活のみならず、経済活動、防災・減災、教育・福祉などとも密接に関係しており、人間が日常生活を営む上で必要不可欠な社会全体の基盤となります。

黒部ダム

 人と環境が共生する未来へ

建築学とは人間の様々な生活行為を含む空間を創造する総合学です。建築学プログラムでは、建築及び都市における計画・デザイン、環境・設備、構造・材料・生産技術の総合的な教育を行い、幅広い視野に立ち高度な専門知識を駆使し得る個性的で創造力豊かな人材を育てます。

2016年度 優秀卒業設計賞作品
「地景-水戸・スポーツコンプレックス計画」

JABEE認定プログラム

環境土木・建築学科の教育プログラムは,環境土木工学プログラムにおいては平成16年度から,建築学プログラムにおいては平成20 年度から,それぞれ日本技術者教育認定機構※(JABEE)による認定プログラムとなっています。
JABEE 認定プログラム修了者には,国家資格である「技術士」の第一次試験免除に該当する「修習技術者資格」の自動取得というメリットが与えられます。さらに、JABEE認定プログラムは国際的同等性が保証されており、JABEE修了生が将来、海外留学をしたり、技術者として海外で働く場合に有効な手助けとなります。
一般社団法人日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)は,高等教育機関の技術者教育プログラムの審査・認定を行う機関です。
JABEE は,最終的に技術者教育の国際相互承認を目指しており,技術者教育プログラムの質が保証されているかどうかを認定することによって,教育プログラムの国際的な通用性を担保することを意図しています。