工学部・工学研究科

化学生命工学科関連専攻群

有機・高分子化学専攻
Molecular and Macromolecular Chemistry

ナノからマクロスケールの有機化合物の化学

私たちの生活は、医薬や有機電子材料、繊維など機能を持った有機化合物に支えられています。本専攻では、小分子から巨大分子(高分子・超分子)まで全ての有機化合物の物性・合成と応用に関する高度な専門知識が身につきます。広範な分野の世界最先端研究を通して、社会で活躍できる研究者を育成します。

有機・高分子化学専攻サイト

実験の様子

応用物質化学専攻
Materials Chemistry

持続型社会を支える材料・物質の創製と応用

原子・分子レベルでの物質制御に基づき、持続可能な社会を支える新物質を生み出し応用展開する学問領域を担います。固体化学や物理化学に関わる深い知識を涵養する専門教育と、化学の視点から物質の成り立ちを解明し革新材料の創製につなげる研究を行います。新たな研究フロンティアを拓く研究者を育成します。

応用物質化学専攻サイト

生命分子工学専攻
Biomolecular Engineering

いのちの働きを工学する

生命現象を分子レベルで解析・理解すると共に、その機能を人工的に再構築して幅広く利用することをめざしています。バイオテクノロジーの開発や生物機能を抽出・デザインする技術によって、「いのち」の精緻な働きを工学的に利用していく道を拓きます。基礎と応用を有機的につなぐ研究者を育成します。

生命分子工学専攻サイト

誕生した遺伝子導入ニワトリ