一般・企業の方へ

聴講生について

名古屋大学工学部において、一又は複数の授業科目を聴講しようとする者があるときは、選考の上、聴講生として入学を許可します。

1.入学について

教授会の選考を経て、入学を許可します。

2.入学資格

  1. 大学の学部を卒業した者又は大学院を修了した者。
  2. 高等専門学校、短期大学のいずれかを卒業した者又はこれと相当する学校を卒業した者。
  3. 本学受験資格取得後4年以上経過し、前項の者と同等以上の学力があると認めた者。

(注) 前記2. の短期大学を除く学校の卒業者及び3. により入学した者は、教育職員免許法施行規則に関する単位修得のための聴講はできません。

3.入学の時期

入学の時期は、学期の始めとします。(前期4月、後期10月)

4.聴講科目数及び単位数

聴講可能な科目数及び単位数は1ヵ年5~6科目10単位までとします。
なお、教育職員免許法施行規則に関する単位修得認定を希望する学科目を同時に聴講する場合でもこの範囲内とします。シラバス及び時間割は こちら をご覧ください。

5.授業料等納付金(平成25年度の場合)

  (平成29年度の場合)
  1. 検定料   9,800円(予定額)
  2. 入学料 28,200円(予定額)
  3. 授業料1単位につき 14,800円(予定額)

* いかなる理由があっても既納の諸費用は返還しません。
* 入学時および在学中に授業料等の改定が行われた場合は、改定時から新たな金額が適用されます。

6.出願書類

  1. 聴講生入学願(本学部所定の用紙
    (注)出願前に、必ず担当教員及び学科長の承認印を取得してください。
  2. 履歴書(本学部所定の用紙。写真(4×3cmのもの)貼付のこと)
  3. 最終出身学校卒業(修了)証明書又は卒業(修了)見込証明書
    [本学の工学部・工学研究科出身者は不要]
  4. 写真(3×2.4cm 聴講生証用) 1枚
  5. 定職についている者にあっては、所属機関の長の承諾書 (様式任意)
  6. 封筒(入学手続通知送付用。切手不要・住所及び氏名を記入) 1枚

7.出願期間(平成24年度入学の場合)

  (平成29年度の場合)

前期 平成29年2月27日(月)~3月1日(水)
後期 平成29年8月17日(木)~8月18日(金)

* 受付時間 9:00~11:30、13:30~16:00
* 前項の出願書類に検定料9,800円を添えて、工学部・工学研究科 教務課(IB電子情報館西棟2F)へ提出してください。

8.入学許可及び入学手続き

  1. 入学の許可又は不許可は決定次第、本人あて通知します。
  2. 入学を許可された者は、所定の期日(別途通知)に入学手続きをする必要があります。
    平成29年度は前期3月28日(火)、後期9月27日(水)を予定。

9.問い合わせ先

名古屋市千種区不老町
名古屋大学工学部・工学研究科教務課
電話052-789-3978, 3974
E-mail: eng-admission@adm.nagoya-u.ac.jp

10.その他

  1. 出願後、提出書類は返付しません。
  2. 聴講生として入学を許可されることによって、在留資格「留学」の申請をしようとする場合の出願は受け付けません。許可後に正当な理由無く、無断で長期にわたって聴講しなかった場合にはその許可を取り消す事があります。
  3. 聴講生に対しては、試験を行いません(教職の単位取得者を除く)。
  4. 「聴講生入学願」用紙は工学部・工学研究科教務課で配布します。
    なお、本ホームページよりダウンロードしたPDF様式も使用できます。出願前に、必ず担当教員及び学科長の承認印を取得してください。
  5. 現在、名古屋大学では、自動車等入構規制を行っていますので、通学は公共交通機関をご利用願います。
  6. 入学後の修学に関して相談の希望がある者は、工学部・工学研究科教務課(9. 問い合わせ先参照)及び障害者支援室にて随時受け付けているので、問い合わせてください。
    【障害者支援室】
    電話 052-747-6963
    Email nudso@adm.nagoya-u.ac.jp

◎教育職員免許法施行規則における単位修得認定に関する聴講生の取扱い(名大出身者のみ)

  1. 単位の基準 講義(15時間)--- 1単位
  2. 修得し得る単位数は次のとおりです。
    a)聴講期間6ヵ月に亘る場合 4単位以内
    b)聴講期間1ヵ年に亘る場合 8単位以内
  3. 単位認定について
    試験その他による成績審査の結果に基づき、学部長は単位の認定を行います。
  4. 3)により認定された単位については、本人からの申請があれば単位修得証明書が交付されます。