一般・企業の方へ

寄附講座、寄附研究部門

概要

 本学における奨学を目的とする民間等からの寄附を有効に活用して設置運営し、教育研究の豊富化、活発化を図るもの。寄附金に基づいて付加的に設置し、講座において行われる教育研究又は研究部門において行われる研究に相当するものを実施する。

特許を受ける権利の帰属

  • 寄附講座等の客員教授等が発明を行った場合は、常勤教員の発明と同様に取扱うこととなる。
  • 寄附者に特許等を受ける権利を譲与することを約することはできない。

税制上の優遇措置

産学連携の推進のため、税制上の優遇措置があります。

  • 寄附金控除
    寄附金は、国に対する寄附金として、法人の場合は全額を損金に算入、個人の場合は所得の30%まで所得控除できます。

申請書類

寄附申込書 Word
寄附講座(又は寄附研究部門)の概要 Word
担当教員の履歴書 Word

問い合わせ先